もうちょっと一人広島観光記 原爆ドームなどと旅費まとめ

  • 2015/10/17
  • 2016/08/11
  • 旅行

広島旅行のまとめとして、最後にかかった費用を出しておきます。

原爆ドームの写真などで、まだ載せたいものがあるのでそれらを貼りますよ。
 

広島駅
JR広島駅です。広島駅は新幹線での到着時と呉に出かけた時に利用しました。周囲は探索しなかったなあ。バスセンターは路面電車の紙屋町西駅の前なので、高速バスで来ていたらお世話にならなかったかもしれないです。

改札を通ったらいきなりビルの女性ファッションフロアみたいな階に出ました。小っ恥ずかしいのでそういう場所は歩きたくないのですw。2Fに降りたら食堂街があったのですがジャスト昼で混むかなと思ってスルーしました。路面電車の駅もあり、一日乗車券の購入や両替などができます。
 

原爆ドーム説明
広島到着の日にも来たのですが、ここは公園なのでのんびりできる場所です。最終日に高速バスの時間までぶらぶらしようと原爆ドームを訪れました。

この建物の地上約600メートル上空で爆発した爆弾により20万人をこえる人命が奪われ、半径約2kmに及ぶ市街地が廃墟と化したと記されています。
 

ドーム1

ドーム2
普段写真であまり見ないような角度から。
 

ドーム3

ドーム4
これらは到着日に撮ったものです。

帰る日はドーム付近で他の観光客を見ながらのんびりしていました。ふと広島城に行ってみるかと思い立ち汗を書きながら早足で歩いたのですが、タイムオーバーで入り口あたりを見ただけで引き返してしまいました。

一瞬バスに乗り遅れてもうちょっと観光し夕方に新幹線で帰ればいいかという考えが頭をよぎりましたが、一度は広福ライナー(バス)も体験して見たかったので素直にダッシュしてバスに乗車しました。
 

平和記念公園
平和記念公園の中央あたりにある原爆死没者慰霊碑です。ここで祈りを捧げられるようになっています。

公園内に「国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」という建物があり、周回状の通路をぐるぐると地下に降りていけるようになっています。地下には原爆死没者を静かに追悼し平和について考える場所というのがあり、その追悼空間に到達ししばらく厳粛な時を過ごします。空間の中央には水盤があり、水を求めて亡くなった原爆死没者を追悼するために水を捧げています。
 

あごいり販売機
面白い自動販売機があったので紹介します。路面電車が走っている通りを歩いていたら発見しました。炭火焼きのあごが入った昆布だしの販売機です。あごってのはトビウオのことらしいですが、最近はラーメンでもあごだしのものがあるようで、福岡に住むようになってから名前をよく聞くようになりました。
 

あごいりアップ
あご入りペットボトルをアップにしてみましたけど…
 

旅費まとめ

内容金額
博多-広島 新幹線回数券チケット屋8,330円
広島-博多 高速バス(キャンセルした日は2,500円だった~)3,500円
路面電車1日乗車券×2日分600円×2
宮島までフェリー往復切符(宮島松大汽船)360円
呉駅まで往復 JR500円×2
交通費合計14,390円
ホテル 3泊(T point支払い分3,400Pを除く)5,000円
宿泊費合計5,000円
飯代飲み物代(ペットボトルなど含み大まかな金額)
1日目1,200円
2日目2,130円
3日目2,200円
4日目500円
飲食費合計6,030円
平和記念公園50円
厳島神社300円
大和ミュージアム500円
その他合計850円
総合計26,270円

ちなみに最初に予約していた往路の高速バスをキャンセルせずそちらで広島まで行ったと仮定すると、
26,270 – 8,330 + 2500 = 20,440円
となって5,830円の差があったのだ。でも考えようによってはこの負い目があったために広島で怪しい店に行かず、ニュースで流れたような歓楽街の火災に遭遇する危険を免れたかもしれないのです。とか…ものは考えようですね……。
 

広島記事まとめ
広島にて
広島の夜
お好み焼きは呉で食べた
広島での宿の話 カプセルホテルCUBE広島
安芸の宮島観光で食べたものと厳島神社
呉観光 大和ミュージアム てつのくじら館
つけ麺と広島での食事まとめ

NO IMAGE

現在更新中の「うっかりやっちゃうブログ」もどうぞ

読んでいただきありがとうございます。

このブログは更新を止めており、新しいブログへと移行しております。もしよろしければそちらもご覧下さい。

error: Content is protected !!