エアコン(冷房)をつけた方が金がかからないかも

スポンサーリンク

あくまで私の場合ですが。

暑いというか湿度で汗がだらだら出て水分を摂りますが、水やお茶だけでは頭がぼーっとして何か足りず、どうしても塩分を含んだ飲み物(ポカリ的なものや豆乳、野菜ジュースなどを常備)を補給してしまうので、それに金がかかりまする。

なのでそちらの方が電気代より高くついてしまうのではなかろうか。エアコンをつけて汗を抑え麦茶でも飲んでいた方が安上がりかもしれない。まあ塩でも舐めてりゃあいいんだけどね。(グアムで舐めた話も以前書いたよ)

いや塩分が足りないのかは不明ですが、どちらかというと暑い時期が短い信州では強く減塩を意識してやっているのでそうかなと。無性にラーメンのスープを飲みたい時があるのもそれなのか。(全部は飲みませんけど)

でも大量に汗をかいたわけでもないなら実は塩分はそれほど失われないみたいで、普段の食事だけで十分ということです。ラーメンのスープを全部飲むのは明らかに摂り過ぎです。

ただ炎天下を歩いたり運動などで大量の汗をかいた場合はやはり塩分補給も重要らしいですよ。どっちやねんという話ですが、そういうことで摂り過ぎも不足も良くないですから、丁度よくできるように体に塩分メーターが欲しいですね。本能に従えばいいのでしょうか。

このネタは逆説的なタイトルのやつですな。

前も同じような逆説的なのを書いたんですよ。家賃が安い部屋に住むと、食費がかかってしまうという。その心は、キッチンが使いにくく自炊がやりにくいからというものです。ひねくれた屁理屈記事ですかね~。ほほ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果