家賃を節約すると食費が節約できないかも

キャビンさんの記事を読むと、リタイア生活で資金が潤沢でない場合、どの費用を削るのかというと食費なのかなというのがありました。

資金を貯めるため、またセミリタイアした後、家賃を節約しようとして安い賃貸物件に引っ越すことがあるかもしれません。

しかし安い物件にありがちなのはキッチンが非常に狭かったり、料理をするなんて想定して無いような電磁コイルとかの物件もありますね。

そうすると結局自炊をするのが困難になり食費が多めにかかってしまうという落とし穴があります。私の借りているアパートがまさしくそうで、米は炊いて冷凍してあるのですが、もやし炒めでも作ろうと思っても狭くてやる気になりません。

結局はお惣菜や缶詰など出来合いのもの、チンすればいいものになりがちです。まな板を置く場所が無いのが致命的なんだと思うのです。リアル倉庫番の様に色々とどかしたりしないといけないので包丁を使うのが非常に億劫になってしまうのですね。かと言って、別に台のようなものを置く場所もないんです。

やはり安いアパートでもキッチンは重要ですね。食生活は基本ですし。私の場合はシンクも狭くて洗い物もままならないです。水や洗剤が飛び散りまくります。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ