私がいた会社の会議は上層部の考えを当てること

次は自分が言ったセリフではなく、会社の同僚が発した言葉です。

「うちの会議は、あの人の頭の中を想像して、それを当てるっていうゲームだからなあ。」

なるほど。私はこれが妙に腑に落ちて納得してしまいました。

会議といっても結論は既に上の人間にとっては決まっていて、我々がアイデアを出しても出しても否定されます。最初から意味のない話し合いなのです。

自分たちが話し合って出した結論の様な形にされてはいますが、結局は上の人間の顔色を見ながら、考えていることを想像して彼らの気に入る結論に持って行くというゲームだったのです。言わば先生が望ましい結論に誘導する小学生の学級会の話し合いみたいなものです。

非常に馬鹿馬鹿しい話です。それなら「今回はこうする。」と最初から命令してくれた方が時間も無駄にならずスッキリしていいのですけど。

別の同僚は「あの人は、人のやる気をなくさせる天才だ。」と表現していました。自分の意に沿わなければ何を発言しても嫌味な否定の仕方をされるのですから、誰も何も言いたくなくなります。

みんな大人だから、あの茶番に付き合っていたけれど、本人は会議を上手く自分の目的に沿う形に誘導していると満足していたのだろうなあ。

こういうネガティブな内容はあまり書かない方がいいんですけどね〜。会社員時代の愚痴でした。

深読みするとですね、自分の陰口を言わせる事で社員の結束を図るという…、もしかしたらそういう深遠なる戦術があったのかもしれません。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『私がいた会社の会議は上層部の考えを当てること』へのコメント

  1. 名前:アーベル 投稿日:2015/01/11(日) 12:22:48 ID:7d5cb8d90

    こんにちは。
    明治時代の政治家に山県有朋という人がいます。明治維新の実戦指揮官であり、明治以後は日本国の官僚制の頂点に立つ黒幕となった人です。山県以上に活躍した明治維新の立役者であっても非命に斃れた人は多いのに山県有朋はその中では最終勝利者と呼べるほどの権力を手にしながら天寿を全うしました。

    この山県の組織における意思決定の手法が実に面白いです。山県は決して自分の意見を言いません。会議や組織の日常を通して組織を注意深く観察して、組織の構成員の隠れた本音を察知します。組織にいる人たちは会議でも日常でも本音を言っているわけではありません。組織の建前に乗って発言している場合が大半です。しかし、そういう建前論を繰り返せば繰り返すほど隠れた本音が蓄積します。
     本音では戦いたくないのに建前上主戦論を唱えざるを得ない場合とかです。こういう場合本音では上の人に戦うのを止める決断をしてほしいんですね。山県はこういう組織の本音を常に敏感に察知して、その本音に沿うように最終決定を下したそうです。
     そしてその結論が世間の常識や正義と乖離したものであっても山県は常に組織の本音を優先させました。そんな山県が部下の人望を得ないはずがありません。結果山県は世間からは怪物扱いされながらも官僚機構からは法王のように崇められる存在になりました。

    上に出てくる上司の方とは真逆ですね。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/01/11(日) 15:20:36 ID:9ac82e71b

      >アーベルさん
      アーベルさんの知識がすごいですね。特に歴史。私は読もう読もうと思ってもなかなか歴史の本に手が伸びません。
      でも上に立つ人はその話のようにあって欲しいなあ。

      そしてそうですね。真逆です。またその人は全く人望はなかったです。前の会社は給料が良かったので、それ目当てに社員は繋がっているだけです。まあ給料が良ければそれでいいんですけどね。多分会社が傾いてくれば、その人のためにも頑張るという社員は皆無だったと思いますよ。

  2. 名前:正吉 投稿日:2015/01/11(日) 15:23:05 ID:b3dd4f7e8

    そういう茶番がアチコチで行われているのでしょうねぇ。。。

    深読みの件、僕も真剣に考えたことがあります。
    自分があえてイヤなヤツになって課をまとめようとしているのではないか?って。
    そう考えなければ説明がつかないほどヒドい上司でした。
    課長でなくなった後の彼の様子を見てみたら、ただのイヤなヤツでした。。。(^^;)

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/01/11(日) 15:38:05 ID:9ac82e71b

      >正吉さん
      深読みのように思わないと、本当にあんなに変な人がいるのかって感じの人だったですね〜。
      結局合わない人は辞めて行くのでイエスマンばかりが残り、裸の王様状態になっているんだと思いますが、会社自体は儲かっているようなので、それはそれでいいのでしょうね。
      私みたいに我慢できない人を弾き出す仕組みなのかもとも思います。

  3. 名前:招き猫の右手 投稿日:2015/01/13(火) 00:15:57 ID:379de3f6f

    若い人にもどんどん意見を言ってもらって、、、
    といいつつこっちが意見を言うと、
    若いくせに生意気言うな、何もわかってないくせに。
    みたいな返しがありますよね。
    だったら最初から発言させんなっていう。
    全く馬鹿馬鹿しい会社でした、過去の会社ですけどね。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/01/13(火) 07:50:30 ID:171be311b

      >招き猫の右手さん
      まさしくそういう流れがありますよね。
      結局、自分の気に入ったことを言ってくれるかどうかなんですよね。
      中小企業は特にそうでしょうね。まあやりたいようにやるために会社を作ったのでしょうから自由にやってくれるのは良いんですが、社員は大変ですよ。