働く事、働かない生き方を選ぶ事

現代の日本での一般的な話です。余所の国の事は知らないし、色々な考え方があると思うので。

別に女性をどうこうって言うわけではないけれど、女性は働く働かないを男性と比較したら選びやすいと思うんです。男の場合は、まだこの国では主夫とかは認められていないわけで、否応なしに働かざるを得ないですね。(もちろん女性でもそういう場合はあると思いますし、実際に働く場合に待遇が男より悪くなる傾向があるという問題があります。女性には女性の苦労があるのでしょう)

私の場合は先ず男である事自体がプレッシャーでした。一般的に結婚したら男性が一家の稼ぎ頭になって支えていくという考え方がです。私の場合は実際に結婚していた時期もあり、その時は働いていたので経済的には責任を果たせていたと思います。しかし男性の場合は、女性の様にパート的に働くということも困難で、働くか働かないか、10か0かの選択になってしまいがちです。それがある種のプレッシャーだったと思います。

お金があって生活していければ別に働かなくてもいいと思うのですが、世間的な受けは良くありません。若い人はそうでもないけれど、高齢の方はやはり人様のお役に立つことが尊いという考えがあるのだと思います。

特に日本では一旦会社に入ったら働き方も適当というわけにはいかず、理不尽と思われる事もしないといけないし、何となく周囲の空気を読んで同調していかないと働きにくいです。私など残業が嫌いで仕事が終わればなるべく早く帰る方ですが、大した仕事もせずだらだら会社でしゃべって真面目に残業している人の邪魔をし、自分は毎日遅くまで残って残業代だけせしめる様なタイプもいます。

そして残業時間が多い事を評価するような変な風習がありますね。私は同じ仕事量なら早い時間でやった方が良いと思うのですが、何故会社にいる時間の長さが忠誠心の表れの様な評価になるのでしょうか。結局は経営する側も人間ですから、評価というのは仕事の内容だけではなく上司に好かれるかどうかという部分も大きいのです。

Neko22

産業革命で工業化、機械化して生産性を高めたのは何のためでしょう。遙か昔に比べ、先進国ではこれだけ生産性が高まったのだから、週の半分くらいは休んでもみんな困らず食べていけると思うのですが、高まった生産性は経営者側を肥やしているだけの様にみえます。庶民の仕事自体は一向に楽にならず、むしろ機械化により更なる高効率を求められ、真面目にやろうとすると心身を痛めるような状態です。

仕事の事で心身を壊しては何にもなりません。心身の健康が第一です。健康ならば一時的に仕事を失っても、何とかやっていく事が出来るのではないでしょうか。

せっかく昔と比較して生産性が高まったのだから、せめてもう少し緩い働き方でも良いのではないでしょうかね。生きていくだけなら週に三日くらい働けば余裕で生活していけるでしょう。緩い感じで働けたら若いうちに必死でお金を貯めてアーリーリタイアするなんてことも考えずに、ゆったりと仕事をしながらずっと暮らしていけるでしょう。

バイトなどでなくきちんとした待遇の社員として、週に三日とかそういう働き方はまだ難しいですよね。なので会社を辞め再就職する気がない自分は、図らずしも働かないという選択をした事になっています。

ブログで何度も書いてますが、私は一生暮らせるほど潤沢に資産があるわけではないので適当にパートタイム的な労働は入れるつもりです。しかしそれでもそういう仕事の場合は、給料は安くても、比較的自分で働く期間を選びやすいし、多大なストレスを感じてまで必死に働く必要もありません。

責任感の強い方は、単なるバイトでいいように働かされているだけなのに、自分がいないと店が回らないとかしばしば考えてしまうようです。でも店が回るとかそういう事は、それなりの報酬を貰っている人が責任を持って考えればいい事で、安い時給で使われている様な労働者が考えなくてもいいのです。

正社員だって1ヶ月?位前に辞めますと告げれば、あとは次の人が見つかろうがどうしようが辞めて良いのです。仕事が回るかなどとそういうリスクを考えるのは経営者側の責任であって、労働者にその責は無いのです。いわんやバイトならです。

真面目で責任感のある日本の労働者は素晴らしいと思うのですが、ある意味、それが職場を窮屈にしてしまっているという現状があると思います。もっと適当にちょっと弱い人でも働けるくらいの世の中でも良いのではないかなと感じます。

Neko21

タイトルと関係なく会社批判みたいになってしまいましたが、会社や社会に馴染めず働かない生き方を選択した方、そういう生き方もありなんじゃないんでしょうか。

勤勉な労働者からは単なる怠け者と言われてしまいそうですが、働かないということで生活費も少なくなるので必然的に消費が少なくなります。もちろん使用するエネルギーも少なくなり地球環境的にも負担をかけない暮らしになるのです。働かない生活はストレスも少なくなります。仕事のストレスで使わない様な物をばんばん買ってゴミにするよりは、余程健全な生活スタイルかもしれません。

低消費でエネルギー消費の少ない生活は、資本主義に踊らされ物を消費する生活よりも一歩先を行く未来の生活スタイルなのです。全く食べていけないなら働かなくてはいけませんが、働かなくても、また少ない労働でもなんとか生活できるなら、「働かない生き方」で十分ではありませんか。

とにかく色々な事を諦めればいいと思います。良い家に住むとか、高い車に乗るとか、ブランドの服を着るとか、正直これらを諦めても実際はどれも大したことではありません。そうすれば気が楽になりますし、案外気楽に働かない生き方が実践出来ると思います。

誘惑するようですが、働かないと自由な時間がより多く得られます。病気などで早く亡くなってしまう場合は別として、時間だけはみな平等に与えられたものですが、自由な時間は人によって異なります。働かずともお金が入る仕組みを作った人は別ですが、一般的な労働者としては、労働する事により時間をお金に換えているわけです。

若い間はまだしも、年齢を重ねてくると特に自由な時間が重要だと思えてなりません。今の自分にとって、時間が大事なのかお金が大事なのかということを考え直してみるのもいいかもしれません。

働かないって書いてしまいましたが、働かないと雇われないはまた意味が異なりますね。また批判されても困るので、病気でもないのに生活保護で食べさせてもらう様な働かない事が良いとは思いません、ということは言っておきます。

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『働く事、働かない生き方を選ぶ事』へのコメント

  1. 名前:パワーアップ工事中 投稿日:2014/07/13(日) 07:36:57 ID:30c972a9a

    自分も同じ考えです。
    給料自体安かったこともありますが、残業代稼ぎのため
    ダラダラ残っている同僚がたくさんいたなあと懐かしく
    思い出します。残業が社内で問題になって委員会まで
    立ち上げられ委員になったこともありますよ。
    わかってるだけにやりずらかったですが(笑)
    効率よく短時間でこなすよりもそちらのほうが評価されたり
    上司に気に入られる気に入られないだけで転勤対象者にされたり
    と理不尽なことも多かったです(^^;
    まあ1度の人生ですから悔いの残らないように過ごしたいですね(^^)

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/13(日) 08:22:51 ID:4ed66c0f3

      >パワーアップ工事中さん
      昨日「働かない生き方」で検索してブログに辿り着いたらしい人がいて、ん、と思って書いていたら長々となってしまいました。
      気に入られる入られないは人間だからある程度は仕方がないと思うので、そういう事も含めて上手くやっていくのが大人なんだろうな~とか思います。

  2. 名前:バッタモン 投稿日:2014/07/13(日) 08:54:45 ID:bd7fb2c86

    日本の労働市場は結婚して家庭を持って家を買って子供を大学までやって…
    と言う事を前提として考えられているのでしょう。
    結婚費用は300万、新築の家を買えば3000万ローンを組めば5000万。
    子供を大学までやるのに一人2000万。
    そう考えると必死に残業して定年まで勤めないと無理ですね。
    でも、
    そうでない生き方もあります。
    結婚費用はいくらでも安くあげられますし、
    家だって田舎の中古物件なら5分の1,10分の1であるし
    大学でも働きながら夜学や専門学校に行くと言う事も出来ます。
    働く側も働かせる側も一つの枠にとらわれすぎですね。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/13(日) 09:48:09 ID:4ed66c0f3

      >バッタモンさん
      ようやくといった所ですが、最近は以前より普通の人生という強制は少なくなって、自分が振り切ってしまいさえすれば、かなり好き勝手に生きられるようになっては来たのかなと思います。
      結婚費用にしても、そういう事にお金をかけないという価値観のパートナーと出会えれば、話し合いで安くあげればいいのですから、伴侶ってほんとに重要なのですよね。私はその辺の事を深く考えず結婚してしまったかなというのはあります。
      ちょっと何かで見たのですが、若い人が起業する時は枠にとらわれない働き方をしている場合もあるようで、時代と共に移り変わっていくのだろうなとは思ってます。

  3. 名前:フーテンどんぐり 投稿日:2014/07/13(日) 09:06:09 ID:601e37ed9

    なかなか興味深い内容でした。

    産業革命以降ますますの労働奴隷化が進んでいる感じがしますね。それは根本が「人の欲」にあるからだと思います。「もっともっと」を際限なく繰り返すのです。

    日本の場合、「価値観や社会行動の多様化」を許容しない風習が根強いですね。画一的な価値観が重視されますから異端はやりにくい。しかしそれが日本の資本主義の生産性向上に寄与しているのも間違いありません。

    しかし今後の日本を考えるなら「価値観や社会行動の多様化」をすべてではないにしろ今よりは受け入れなければならなくなるでしょう。今の日本経済の停滞感はここに起因していると私は思います。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/13(日) 10:06:30 ID:4ed66c0f3

      >フーテンどんぐりさん
      ブログちらっと拝見しました。リタイア生活の先輩なのですね。共通点が多そうで何となく親しみを感じてしまいます。

      資産が少なめでもリタイア生活に入り込んだ人は、「人の欲」をある程度放棄出来た人達なのでしょうね。「もっともっと」が少なくなれば、意外と低コストで生活できると分かってきました。
      フーテンどんぐりさんのコメントは、私が書こうとしたエッセンスが非常に簡潔にまとめられているので、本文は飛ばしてここだけを読んでもらってもいいくらいですね。

  4. 名前:しいたけを 投稿日:2014/07/13(日) 11:43:31 ID:235e2545b

    無職生活を1年以上続けて、働く事等について思ったことは、
    正社員で働く事が一番効率的にお金を稼ぐ方法だと。勿論才能あって独立やフリーランスで飯を食っていける方は別ですが、長時間勤務もありますが、バイトやパート、派遣社員等と比べれば一番効率的に稼げるなと。
    そして記事にもある通り、男性はパート的に働くというのは難しそうだということです。自分のケースですが、体力等の問題で人手不足な飲食や小売は厳しいのですが、その2つを除くと他にバイトやパートはどんなのがある?という感じです。
    じゅんぺーさん、パートタイムで働く事になったら記事にして下さいね。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/13(日) 14:17:56 ID:4ed66c0f3

      >しいたけをさん
      そうですよね。独立などの才能がある方は別として、確かにバイトをするくらいなら、なるべく正社員を続けてお金を貯められるだけ貯めておくのが効率的だなと思います。実際に1時間働いたとしても、時給が比べものにならないほど高い場合が多いと思いますので。

      パート的に働く事になったら身バレしない程度にレポートしてみます。そもそもその気になっても50歳位のおじさんがバイトで雇ってもらえるかというと、これまた難しそうな問題ではありますね。

  5. 名前:sanou 投稿日:2014/07/13(日) 13:33:59 ID:2ccde2bcc

    じゅんぺい様、こんにちわ。

    考える力がある方から、本題のように考え、リタイアしちゃうんでしょうね。
    こういう方って、そうとう頭が良いので、労働時間と給料を半分で雇える会社があれば儲かりそうですね、と妄想しました。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/13(日) 14:29:34 ID:4ed66c0f3

      >sanouさん
      私は単なる怠け者ですが、以前早期リタイアするのは優秀な人という記事で、リタイアできるくらいの優秀な人材が働く事を嫌になってしまう社会はどういうものかなあ、という旨を書いた事があります。

      ブログを拝見すると皆さん知識があってかなわないなと思うのですが、こういう方々が集まって何かやったら面白いと思います。でも群れるのが嫌いな人も多いと思うので、あまり集まらない気もしますね。

  6. 名前:招き猫の右手 投稿日:2014/07/13(日) 17:16:03 ID:3d6dc10f4

    残業については本当に下らないと思い、自分も記事にしたことがあります。
    私は前の会社で無駄な残業をしている団塊おやじを尻目に、彼らに軽蔑のまなざしを向けながら定時で帰っていました。
    時代を変えるのは若い人なのだから、年配がそうだから、と若者が従っているのもよくありません、それじゃいつまでも変わらないので。
    私は帰ります、無駄な残業なんてしません、と宣言する人がどんどん出てくればいいんですよ。
    基本的に全員年俸制にして残業代なんて無くしてしまえばいいと思います、
    年休だってどんなに嫌な顔をされようがバンバン取るべきだと思いますね。

    いつも猫画像がかわいい。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/13(日) 18:23:18 ID:4ed66c0f3

      >招き猫の右手さん
      残業が好きな人は、そんなに家に帰りたくないのかなあと勘ぐってしまいますね。なぜ会社にいたいのか。
      有休も取りにくい雰囲気があるって聞きますが(私はほぼ消化していたので)日本的な同調圧力なんだろうなと思います。半数近くの人ががんがん有休を取るだけでも大分変わってくると思いますけどね。

  7. 名前:アーベル 投稿日:2014/07/14(月) 21:08:47 ID:3a68efa52

    こんにちは。
    働くことの意味って何なんでしょう。若い人は仕事にやり甲斐とかしきりに求めます。いえ若い人に限りません。しかし、自分が思うに仕事にやり甲斐というものを求める時点で随分人類は進歩したものだと思います。仕事というものを趣味やファッションじみた視点で捉えることができるようになったという意味で。

    産業革命以前では、どんな国でも労働人口の8割から9割は農民でした。労働人口をそれだけ食糧生産につぎ込まない限り必要な食料を供給できなかったんですね。つまり昔の社会は仕事にやりがいもへったくれもありません。ほとんどの人は食料を生産するために働かないと生きていけなかったと言えます。

    顧て今日の日本において一次産業従事者は労働人口の5%以下です。それだけの人口で残り95%の食料をまかなっていることになります。いえ日本は食料自給率が低いですから単純にそれだけで口を満たせるとは言えませんが、食料の完全自給してるアメリカやフランスでも農業人口比率はそんなもんです。
    昔は農作業をしない人は世間の常識では社会不適合者でした。博打を生業としてるようなヤクザ者に限らず、今日では花形業種である舞台の人気役者とか作家とか、金融業者ですら人としてまともな職業とはみなされませんでした。

    時代とともに産業の形式は変遷を見てみると、第一産業(農業)→第二次産業(工業)→第三次産業(サービス業)へと労働人口はシフトしてきました。そして現在働かない人々(消費に特化した人々)が静かに増加しています。自分はこういう人たちは次代の、労働を伴わない産業、第四次産業とでもいうべき分野の担い手ではないかと考えています。第一、第二、第三次産業の担い手は労働と消費の双方を担いました。しかし、物を生産するのに労働がそれほど必要でないのなら、消費を専らにする層が社会的に必要になるのは自然な流れです。現在の流れは、無職者が社会の主要な担い手になる過度期であると思いたいです。将来ニートを目指す自分としては。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/14(月) 22:10:21 ID:d69e68cdf

      >アーベルさん
      そうですね。仕事って昔は食べるために、ほとんどの人は畑を耕すなど必ずやらなければならなかったことですからね。今は人類が働かなくても生きていける様になるまでの過渡期でしょうから、もう食べるために必死に働く時代は終わっているのに、給料を払うためにわざわざ無駄な仕事を作っている感もあります。

      無職の人間が増えるのか、ワークシェアで働く時間が減るのか分かりませんが、将来はほとんどの人間が少ない労働で十分な給料がもらえる時代が来て欲しいです。消費だけしていればいい層って、もう今の私なんか貴族の様な特権階級ですよ。ただ多くの人間が暇になると、皆時間を持て余してやばい世の中になる気もしますね。エンターテイメント的な産業に従事する人が増えるのでしょうけど、それも食べるためでなく趣味的なものになりそうな気がします。

      それにしても、みな働かなくても現代の様に消費を続けるのかというと、リタイアブログを書いている多くの人がそうなるように、低消費志向の人が増えていくかもしれません。そうすると更に物を生産する作業は減りそうです。

  8. 名前:正吉 投稿日:2014/07/14(月) 22:20:05 ID:48fb1bebb

    しばらく訪問できなかったので今日読みました。すごく良い記事ですね。
    > これだけ生産性が高まったのだから、週の半分くらいは休んでもみんな困らず食べていけると思う
    本当にそう思います。効率化をすれば楽になるはずなのに、ますます忙しくなるのは経営側がさらに利益を得ようとするからですよね。
    会社員は歳を重ねると「経営側に行きなさい(非組合員になりなさい)」と言われるようになりますが、そんな負のスパイラルには巻き込まれたくはないです・・。

    「働かないって、ワクワクしない?」はとても面白い本でした。のんきで気楽な生活をすることを「真剣に」考える、みたいなヘンテコな本でした。じゅんぺーさんの記事を読んで、パラパラと読み直したので記事にしてみます。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/14(月) 23:23:28 ID:d69e68cdf

      >正吉さん
      経営側も効率や利益を追求しないと競争社会ではやっていけないんでしょうけど、もうちょっと全体的に何とかならないかなあと思います。昔は休みが日曜だけだったのが土日休みになってきたのだから、将来的には週休三日、さらには週休四日となって行けばいいのにということですね。
      サービス業なんてワークシェアすれば可能だと思うんですが、今はそれをバイトで実現していて安い給料で使われちゃうということですからねえ。(消費者とすればその分安くサービスを受けられるという事なんでしょうけど)

      本の記事楽しみにしてますね。

  9. 名前:働かないってワクワクしない? | 会社を辞めたい 自由になりたい 投稿日:2014/07/14(月) 23:10:57 ID:d17c9804d

    […] じゅんぺーさんの記事がキッカケで「働かないってワクワクしない?」をパラパラと読み直しました。 […]

  10. 名前:えいちゃん 投稿日:2014/10/24(金) 00:15:39 ID:2b838ce93

    すごく良い記事ですね。
    本来、仕事とは少しでも寿命を延ばすためには健康でいる必要があるから、それには良い衣食住と医療が必要なので、それには少しばかりのお金が必要だからするものでした。
    それが、いつの間にか日本では夕食の代わりにカロリーメイト食べ、睡眠を削って午前3時まで残業をするといった「健康を犠牲にしてお金を得る」という本末転倒なことになっているのに常々疑問を感じていました。
    なので私も早期退職を準備しているところです。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/10/24(金) 07:33:45 ID:dab370e73

      >えいちゃんさん
      記事は会社批判の愚痴になってしまったのですが、自給自足で自分の畑を耕す働き方と、会社員のような経営者や株主のために働く仕事は、同じ働くという言葉でも意味が全く違う気がします。
      皆が働いているおかげで便利に暮らせるのですが、もう少し不便を受け入れても、会社員が精神的に追い詰められる様なことがなくなれば良いなと思います。

  11. 名前:鶯餅 投稿日:2014/10/29(水) 14:29:36 ID:e58193f5b

    はじめまして。私もまったくの同感です。
    「働かないってワクワクしない?」は私も読みました。

    定年か早期リタイアか、の究極の選択を強いられるんですよね。
    「短時間正社員」みたいな制度がメジャーになればいいんですけど・・・

    なので私も早期リタイアを模索中です。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/10/29(水) 15:10:01 ID:de43740c3

      >鶯餅さん
      はじめまして。
      サラリーマンだとちょうどいい感じに働けなくて、忙しいか退職するかみたいになってしまいます。本当にもう少し短時間で働けて仕事だけでない生活をおくれる様になればいいなと思います。派遣など同じ仕事内容なら給与も同じになれば尚いいのですけどね。

  12. 名前:一針法師 投稿日:2015/03/12(木) 20:18:48 ID:719b5a5fc

    セミリタイア歴6ヶ月の私ですが記事で元気づけられました。
    “とにかく色々な事を諦めればいいと思います。良い家に住むとか、高い車に乗るとか、ブランドの服を着るとか、正直これらを諦めても実際はどれも大したことではありません。”→まさにその通りですよね。
    でもほとんどの人は世間体や見栄に縛られて、そんな発想出来ないんでしょうね。
    かわいそうですが。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/03/12(木) 21:40:24 ID:fcfbd8c46

      >一針法師さん
      ありがとうございます。そう言っていただけるとこちらも勇気が出ます。私もまだ一年半程度のリタイア期間です。
      実際リタイアの状態に入ると、諦めるまでもなく必要な物が減った気がします。安物買いの銭失いになってしまってはいけませんが、安いもので十分に用が足りるならその方が良いですね。