ランサーズ(Lancers)で仕事をしてみた

以前ブログにも書きましたが、クラウドソーシングの大手であるランサーズで簡単な仕事をしてみました。

私が試しにやってみたのは、タスクという専門知識の要らない細かい仕事です。その中で記事を作成するものを幾つかやってみました。例えば何かお題が出されて、それについて何文字分のテキストを書くというものです。ブログ風や説明文など色々あるようです。例えば500文字書いて100円とかそういうレベルです。

作業が承認されるとランサーズの口座に作業分の金額が貯まっていき、ある一定の額になると出金出来るという仕組みです。自分はまだ数個のブログ風文章が承認されただけで、出金できる程の金額は貯まっていません。

他に試してみたのはコンペと言われる形式の仕事です。これは例えばネーミングやデザインを複数人から募集して、その中で依頼主が採用したものにお金が支払われるという形式です。例えば店の名前を付けて下さいとか、会社のロゴをデザインして等ですね。私はWebサービスの名称に応募してみましたが採用されませんでした。こちらは採用されれば1万円とかになるので当たればラッキーという感じのものだと思います。

 Neko1.jpg 長いので意味もなくきゃわゆいフリー画像を貼ってみる

作業をしてみて感じた事ですが、テキストを書くタスクは経験談を書くようなものが多いので、同じ様な内容はそうそう書けないし、ネタ切れしそうだということです。でも全く創作でばりばり話を作れる人は問題なく続けられると思います。意外とお題を出されると500文字程度ならすぐ書けるものです。(参考の為にこの文章は1250文字位です)

ただ自分でブログをやっている場合、そのブログを収益にしようと思うなら、自分のブログにネタを書き溜めていった方が良いかもしれません。確実に小銭が貰えるのはランサーズですが、将来的にブログを育てるという意味では、自分のネタを100円とかで売らない方が良いのではないかと感じました。自分のブログに絶対書かないようなネタならいいかもしれませんね。

また本格的に稼ぐのなら、プロジェクトというカテゴリーがあります。パンフレットのデザインやWebサイト構築等を、私にやらせて下さいと手を挙げ、依頼主に選ばれたら請け負って作業する形になります。(タスクというのは基本早い者勝ちで誰が作業してもokなのです) こちらは責任が伴いますし、やはりデザインやプログラミングの仕事がメインなので、そういった技術がないと難しいでしょう。

仕事内容は他言無用なので詳細は書けませんが、捨てメアドを使ってやるような、これはやばそうというタスクがあります。(例えばどこかのサイトに入会する作業みたいなのをイメージして頂ければいいかと思います) 何のためにそういうタスクがあるのか分からず、何を目的としているか不明ですが、何となく怪しく感じる仕事はしない方が良さそうですね。

以上、ちょっとだけランサーズを囓ってみてのレポートでした。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ