遠い将来、実家の部屋を貸し出すのはどうか

遠い将来、実家の部屋を貸し出すのはどうか

こんばんは。あんたはさっきから誠意、誠意というが、誠意って何かね?(by 菅原文太)というシーンをよく思い出すものです。

実際にやる(やれる)かどうかは分かりませんが、自分用妄想アイデアとしてメモしておきます。親が亡くなって一人になった時の話です。

ゴミ屋敷の様な実家の部屋のゴミを廃棄し、二部屋くらい空け、そこをルームシェア的なイメージで貸してみたらどうだろうかとふと思いました。月1.5万円(光熱費駐車場込み)なら借りる人いないかな。ルームシェアなんて洒落たものじゃなく、老人タコ部屋みたいになるかもしれませんが、ぼろ屋でも野宿よりは大分マシでしょう。

この地域では2万円くらい出せば汚いぼろアパートなら借りられるので、同レベルの部屋をわざわざシェアするのなら家賃がもっと安くないとだめかもしれません。しかし、そうなると安すぎてあまり貸す意味がないかも。

自分は今までの様に二階に居住して、一階の現在親がいる部屋を貸せばいいですね。独立した6畳間と、襖で区切られた6+4.5畳の部屋があるので、二人までなら貸せると思います。(逆に二階を貸してもいいけどテレビ端子とかがないので不便だと思う)

リフォームするお金をかけては意味がないので、そのままで貸し出して「超ぼろいけど勝手に使って下さい。壁とか好きにいじって良いですよ。」てな感じでどうでしょう。ある程度の体裁を整える為に私がDIYで壁とか綺麗にしてもいいかもしれません。しかし現在ある一階の親の荷物を業者に持っていってもらうとなると、それだけで数十万円取られそうですね~。

Neko26
そんで、こんな感じで猫もいたりして

僅かな年金にプラスして月に1万でも2万でもあれば多少は余裕が出来ます。年を取ったら全く一人でいるより誰か家の中にいた方が良いかもしれないし、玄関、キッチン、風呂、トイレが共同となるけれど、私はキッチンはあまり使わないし、他は一階と二階で完全に棲み分けできのではないでしょうか。

ぼろい部屋でも安ければ大丈夫という人がいればの話ですけどね~。完全個室なので東南アジアのドミトリーより暮らしやすいと思うけれど、一泊500円の貸部屋だと考えてもらえば良いのではないでしょうか。

移住しないという場合の選択肢の一つとして、一応頭の片隅に入れておきましょう。いや親が亡くなってしまい一人になった時点でこれを始め、自分の資金を少しでもセーブし、もっと年を取ってから移住をするということでもいいかもしれない。

でも実家の土地って借り物だからなあ。大家さんがいい人で、うちは長年いるので今の所ただみたいな値段で借りています。大家さんも息子の代へ代替わりするだろうし、うちも親がいなくなれば出ていって欲しいという話になるかもしれません。なので人とシェアするのは問題有りかもしれませんね。

又貸しになっちゃうから全くの他人は難しく、いつ出ていってもらうか分からんよという前提で、知り合いにちょっと部屋代を寄付してもらう程度になっちゃうかな。まあ土地を貸してくれている大家さんとの話し合い次第では可能性もなくはないかも。

総じて私が色々と面倒だから実現可能性は低いし、人がいるストレスの割に収入としては少なすぎるといったところかな。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ