仕事のやりがい

こんばんは。やりがいってのがあれば仕事も続けられるかもと思うものです。

Yahooニュースに、日本は仕事のやりがいが最下位だという記事が載っていました。仕事のやりがいって何かなと思ったので考えてみます。

もちろん金銭的な面でたくさん貰えればという話はあるでしょうが、それはおいといて精神的なやりがいについてです。

建築士なら自分の設計した建物が世に残るとか、医者なら病気を治療できて助ける事が出来たとか、そういうこともあるかもしれませんね。

自分の場合はやはり人に喜ばれると嬉しかったですね。昨年退社した会社でなくその前に勤めていた会社なのですが、下請けでスポーツの大会の支援などをやっていました。名前は出せないですがあるスポーツ関係のシステムを開発した時に、喧々諤々のやり取りはありましたが最終的には満足していただいて、感謝され、その後何かと私個人指名で頼まれた事があります。

信頼して任せてくれるのでしょうから、元々プログラミングは好きなので気分良く仕事をしていました。そういうのをやりがいと言うなら多分そうなのだと思います。信頼されるとか必要とされるとか頼りにされるとか、そういったことでしょうか。

給与の面や色々あり、最後の機会だと思って三十歳の時に転職し、昨年退社した会社に移ったのですが、同じプログラムを組む仕事でも直接のユーザーの顔が見えないという部分が違っていました。ざっくり言えば不特定多数向けのソフトウェアを作るようになったのです。

給与も徐々に上がり、それは十二分にいただいていたのですが、ユーザーと直接触れるのは苦情(の電話)の時だけで、自分の作ったソフトを誰も喜んで使ってくれていないじゃんという思いは常に持っていました。実際には不特定多数向けですのでこちらの方が多くの人に利用されているし、特定の組織向けのソフトよりよほど多くの人の役に立っている筈なのですが実感がないのですね。

営業からも苦情や要求(またこれが無茶で)の話しかされないから、「いつも使って助かってますよ」みたいな話も伝えて欲しかったなと思います。今にして思えば、そういうのがあるだけで気分的にもう少し救われたのではなかろうかと思います。

こんなこと書いていると、俺は従順な犬か!褒めてやれば何でもやるのか!と思うけれど、そんなものですよね。騙しでもいいので気分良く社員を働かせた方が経営者側も得をするのではなかろうかと思います(それを逆手に社員を馬車馬のように働かせる企業はダメだと思いますけどね)。

現在は誰とも交流なく生活しているのですが、ブログのコメントでいつも楽しみに読んでますよと言ってくれる方もいるので、そういうのがやりがいになっているのでしょうね。私のように一人が好きで一人になりたくてあまり他人との交流を求めない人間でも、やはり人から求められたりする事は嬉しくやりがいに繋がるんだな~と感じました。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ