URは緊急連絡先に親族が必要

投稿ペースを落とすと言いつつも、書くことがあるうちは投稿しますね。

貯金さえあれば万能と思われたUR賃貸ですが、話を聞きに行って一つ問題点が発覚しました。

UR賃貸は無職でも保証人なしでも問題なく借りられるのですが、緊急連絡先として、異なる連絡先の親族が二名必要とのことです。両親二人では不可で、例えば親のどちらかとおじさんおばさんとかの連絡先が必要になります。まあ保証人じゃなく、何かあった場合の緊急連絡先なのですけどね。

ただ問題というのは、友人とかではダメで親族のみとのことです。当たり前? ということはURは親戚がいない人は借りられないということなのでしょうか。まあ、例えば亡くなってしまったら親族じゃないと埒が明かないということなのでしょう。(保証人の場合は親族とか関係ないですよね。金銭的な意味か、実際に連絡をするという用途かの違いでしょうか)

というわけでかなり憤慨しました。でも突っ込んでその辺りを聞くと、すごく遠い親戚でもいいし、高齢で親族もおらずどうしてもというなら上の判断で友人でもokを出す超法規的措置も無きにしも非ず、みたいな歯切れの悪い感じ。

まあ民間も含めて全体的にもっと借りやすくして欲しいですね。その代わり家賃滞納したらすぐに追い出されても文句は言わないということで…

ていうか、働いていれば通常は保証会社だけで良いので働けばいいんだよなあ。いや、もっと無職が増えて、「お一人さま」みたいにあえての「お無職さま」として認知されればいいなあ。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ