移住について

移住について

以前外こもりについても書いたけど、ぼんやりと将来的に北海道か沖縄にも住んでみたい。実家はあるが借りた土地に建てた家なので資産的価値は無く、土地代も払っている。両親がいなくなればどこへ行こうと構わない。

北海道は学生時代からキャンプをしたり、また仕事でも縁があり、合わせて15回位は行っている。冬の札幌も経験したが元々氷点下10℃になる事もある土地に住んでいるので、寒さのレベルが少し上がるくらいで、これなら住めそうと感じた記憶がある。しかも札幌は都会なのにアパートが安い。私の住んでいる場所は田舎の割には賃貸物件が高く、どうせアパートを借りるなら安いところに移って住宅費を節約したい。(暖房費も考慮する必要はありますが)

沖縄はここ数年、精神を癒しに旅行していて4、8、11月に行った事がある。8月はやはり暑く、旅行でたまに行くなら良いが、あの暑さが何ヶ月も続くとなると身体に堪えるかもしれない。だが最近の夏は本州も異常に暑いし、異国に来た様な内地とは違った文化や開放感はたまらなく好きでまた行きたくなる。よそ者が移住するならとりあえずはしがらみのない那覇が良さそうだが、最近のブームもあり家賃は結構高くつきそうだ。また移住者が地域に溶け込まない、沖縄の文化を理解せず東京流を貫こうとするなど問題もあるらしい。

理想なのは夏は北海道に住み、冬の間の12~4月辺りは沖縄に住むという妄想をしているのだが、そんな事はお金がある人がやる事で、自分の場合はちょっと難しそうだ。

また何故北海道と沖縄という両極端な発想になるのだろう。例えば現在の住まいに比べ温暖な静岡あたりでも良さそうだし、仙台は転勤者が一番住みやすい街として挙げるそうだ。まあ元々は温暖な所に住みたくて沖縄へ、昔から憧れの北の大地はアパートも安いので北海道へ、という考えが浮かぶのだと思う。実際に移住するかどうかは別として、こういう事を考えたりネットで賃貸物件を探したりするのは楽しい。


一時期、こういうのばっかり読んでいました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ