地方出身者の地元に対する複雑な思い

地方出身者の地元に対する複雑な思い

私が地元愛があるとか言ってるわりには、福岡や札幌に住みたいというのは不思議だと感じる人も多いはず。

五大都市圏に生まれた人はいいんですよ。地元好き好きで問題ない。人口が多いから公共の交通機関も発達しているし、大学も遊ぶところも複数あり、地元だけで完結できます。(ライブも来るし)

人口の少ない町で生まれた人だって多くは地元好き好きですよ。ただ地元好き好きばかりじゃやってられないの。

好きだけど何も無い。山しかない。遊ぶところが狭いからたまにデートしたってすぐ知り合いに遭遇するので車で遠くに行くしかない。

「おら、こんな村いやだ~」となる。好きだけど嫌だという複雑な感情。

まあ年をとれば田舎でもよくなって来ますけど。
 

交通機関が発達してすぐ都会に出られるようになったり、ネットが普及して諸々かなり改善されたと思うけど、そういう若い頃の意識が残ってます。

ただ松本あたりの規模だと、生活する分には特に不便なく過ごせてしまうから微妙ですよ。もっと小さい村とかなら100%出て行くっていう選択肢だけど。