目指すは都市の中での小屋暮らし

住む場所を考える時、都市部で家賃の安い部屋とか激安ワンルーム購入とか言ってるのは、住居費を少なくしたいということがあるし、自分の中で都市部で小屋暮らしをするようなイメージでもあります。

昨今、人里離れて山の中に住んだり、自分で小屋を作ったりというスタイルがあります。もっと若くて元気ならやってみたい気も少しありますが、虫もダメですしそこまでの行動力も信念もなく、元々私はあまり田舎好きではないので、都市部の方が便利でいいやってことです。ゆくゆくはバイトも考えないといけないですしね。

「コンテナハウス」というのも最近知りました。JRの貨物コンテナ等をお洒落なコンパクトハウスにするやつ。(コンパクトでない場合も多々ある) これは場所が必要だけど、資金面でそれはやっぱり田舎の方じゃなきゃ確保できそうにない。
 

サッポロ駅より北
 

なので相当ボロくてもいいので都市部の激安のワンルームを確保したい。根底にはスモールハウスという考えがあり、自分にとっての小屋であり秘密基地のようなものですね。

小屋だと考えればかなりボロい部屋でもハードルは低いです。ただ都市部のルールに従うので、突然の賃料アップや購入した場合でも修繕積立費の増額を要求されることがあるかもしれず、そういうことを踏まえての自由になります。
 

学生時代に経験したのですが、狭い部屋にずっといると精神的に煮詰まってくることがあります。

そうすると散歩など外出したくなりますが、田舎だと無料でしばらくいられるような公共施設が少ないですよね。ファミレスやカフェだとお金がかかるし、いつも同じ場所に行きがち。近所のじいさんとかはスーパーのイートインにたむろしてますよ。都市部なら、最寄りの駅と隣駅くらいの歩ける範囲でも、週一くらいでローテーション出来るでしょ。

田舎で散歩するってのも悪くはないのですが、畑ばっかりの場所を歩いていると、ぶっちゃけトイレに行きたい時に困るんですよね。歩いて運動すると妙に大きい方がしたくなるってことはないでしょうか?ええ私はありますともw。

若い人はある程度我慢できるかもしれないけど年をとってくるとちょっと。男は小ならその辺でってこともできるけど大はさすがに。商業施設とか色々ある方がいざという時に駆け込めます。
 

これを書いていて、都市部で小屋? ボロい部屋は単なる貧乏暮らしと違うの?

という疑問が湧いてきたけど、考えてみれば違わないですね(笑) 同じでしたorz

気分的な問題です。ちょっとスモールハウスや小屋に憧れているけれど自分は普通の人だしそんな覚悟もないしなかなか難しい。ならば小屋にしてはライフラインも完璧だし、近所にスーパーもコンビニもあり、寂しくなれば人もいるという。

こうやって適当なことを書いているわけですが、激安ワンルームは自分の中ではそういうイメージなのです。ただ購入となると死ぬまで住めるであろうことが前提ですね。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

現在更新中の「うっかりやっちゃうブログ」もどうぞ

読んでいただきありがとうございます。

このブログは更新を止めており、新しいブログへと移行しております。もしよろしければそちらもご覧下さい。

error: Content is protected !!