オーナーチェンジ物件はどうなの?

ちょっと今、家探しのことばかり考えているので家の話が増えるかと思いますが。
 

札幌に住んでしばらくあちこちの駅周辺などを探検してみれば、この辺はいいなと思う場所がありますね。

市内の中でも一箇所でなく、そういう気に入った場所を幾つか渡り歩けるといいかなと基本的には思います。(北の方と南の方とか)

とはいえ段々引越も面倒になってきたし、一箇所ここは動かさないって場所が欲しいとは考えるし、住居費的には購入がいいのではと思ったりしてます。

まあ、その場合はもう売るとかじゃなくて永住覚悟でってことだし、借りられる間は借りておく方がいいのかなあ。
 

サッポロビール
 

激安ワンルームの物件情報を見ていると賃貸中でオーナーチェンジというものが多いですね。半分以上はそうじゃないですかね。それだと空室じゃないのですぐには引っ越して自分で入居できないんだけども、気に入った場所でいいのがあれば、退去までの家賃は入ってくるわけだからそれもいいのでは?と思いました。

ただ気を付けなくてはいけないのは、こういう話もあるようです。

大がかりなリフォームが必要なボロくなった部屋を格安で購入し、(実際には住んでない)ダミーの賃借人を用意して高めの家賃(利回り)を設定しオーナーチェンジ物件としてそれなりの価格で売る場合があるそうですね。というのも賃借人がいれば普通は部屋の中を見られないからです。

それで売り主の責任期間を過ぎるとダミーの借り主は退去となって、実際に部屋を見た時に何じゃこりゃあ人に貸すには相当手を入れないとダメそうじゃあ~となりお金がかかるという…

修繕が必要と分かっていて納得した価格で買うならいいのですけど。そうじゃなくても、壊す汚す問題を起こすとんでもなくひどい奴が賃借人として住んでいて、オーナーが手放したって可能性もあります。
 

自分で住むとしてもあまりボロいとあれですもんね。福岡で虫対策としてやっていたように室内テントで眠ったり、テント外は屋外だと発想する方法もありますけども。部屋の空間内に更に小さい部屋みたいな。補修も壁紙とか自分でやってみるのは楽しそうだけど、出来ない部分はどうしようもないもんなあ。

ただ売る方としてはもうお金をかけたくないので、一見綺麗でも見える部分だけ体裁を整えたってのが多いと思われ…、ああだからやっぱり立地とか構造なのか。修繕や管理とかは私が死ぬまでもてばそれでいいともいえる。