安楽死法案ってのが成立したら気は楽になるのかな

私の場合はあまり計画性がない人生なので、資金不足じゃといいながらも旅に出たり引っ越したり、あまり考えずにそれこそ適当にお金を使っちゃってます。

このまま全く働かなかったら、案外早めに資産(ていう程じゃあない)が底をついてしまうかもしれないなあとも考えます。もしそうなったら俺は思うよ。その時点で安楽死法があって欲しいと。

東京に出かけた時、西武新宿駅の前辺りで老いたばあさんが新聞紙を広げて座っているのを見ました。何度通ってもそこにいるから多分ホームレスだと思うんだけど、自分は精神的にあれに耐えられるかな。耐えられるなら気楽にホームレスをやってみるけど、この状態なら死んだ方がマシと思うかもしれませんね。

辛い病気でもしてなければ死にたくはないよ。死にたくはないけど、餓死するよりは安楽死の方が多少は楽だろうと思うのです。

ていうか、生活保護ってのがありますよね。でも働けるのに自分勝手に会社を辞めて貯金もがんがん使っちゃった奴に(私の事よ)、心情として税金を使いたくはないでしょう。働けない事情がある人は正々堂々と受け取ればいいと思うけど。

生活保護といえば、子どもの分も含めて二十何万ももらって携帯に数万円使ってるくせにまだ足りないとか言ってる人が以前テレビに出ていて、そういう輩にはあげたくないけど、老いたばあさんにフードスタンプくらいはあげられないものなのかなあ。あの人達は自ら生活保護を拒否しているのでしょうか。

まあ法案を望むとか書いたけど、私はいざとなったら安楽死より働く方を選びます。やっぱり単純にそんなに簡単に死にたくはないですからね。ホームレスになってもあがくはず。ただ冬は凍死しちゃうかもしれない。だから金がやばくなったら南に行くしかないのですね。

安楽死を考えるなんて老後を不安にして老人を減らそうと大衆心理を操作しているのかもしれないですねえ。でも使う使わないは別として、安楽死という選択肢があれば何となく気が楽じゃないですかね。(お、「し」で韻を踏んだ!)

今日書いたのは病気の時の尊厳死でなく死ぬのを自分で決められるってことです。これは自殺幇助ってことになってしまうから、安易に言うような話ではないんだろうなあ。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ