私が大家なら無職の人に部屋を貸すか

私が大家なら無職の人に部屋を貸すか

こんばんは。朝だけどブログではなんとなく「こんばんは」って書いてしまうものです。

無職賃貸ネタが多いですが、日記なので部屋探しをしている今は仕方がなくご勘弁を。

現在は無職の状態でアパートを借りようなどとしているのですが、もし自分が大家さんの立場だったら無職の人に部屋を貸すかどうか考えてみました。自分が対象としている月額3、4万円程度の安い部屋で考えてみます。(高額物件ならはなから相手にされないでしょうから)

無職で何が問題かというと、結局は家賃の滞納が問題なわけです。またテレビで犯罪を犯すニュースを見れば「無職」となっている場合も多いので、何か問題を起こされるのではないかという人間性の部分を心配するのだと思います。

例えばの話ですが次の二人の人物がいるとします。二人とも自分と同年齢の50歳前後くらい。(若ければ働いていてもワープアで貯金するのが難しい事情がありますからね)

1.無職で5,000万円の預貯金がある人
2.働いているが預貯金がゼロの人

2の人物は現在は働いてはいますが貯金が全く出来ないようです。もし明日リストラされたり退職したりすれば、無職で貯金がゼロという状態になり、家賃を払うあては即刻なくなります。

1の人物は現在は無職ではあるものの、5,000万円という大きなお金をこつこつ貯めたという実績があり、それだけこつこつと出来る人にそう変な人はいないでしょう。例えば毎晩大騒ぎをするとかそういった人間性の部分は心配なく思われます。それに5,000万円既にあるという事は、500万の手取りで今後10年働くのと同じ事だと考えられます。逆に10年も連続して借りてくれれば御の字じゃないですか。

よって私は上記の1、2の人物なら1の方を信用します。但し数年分の家賃を前払いして下さいとお願いすることになるでしょう。2の人だってもちろん貸さないわけではありません。現在はワーキングプアが問題になっているし一生懸命働いても生活に手一杯で貯金する余裕がない場合も多いです。そのための保証会社ですので、保証会社を通して保証してもらえばいいのです。

しかし世間一般では無職という状態は歓迎されないでしょうね。普段リタイア関連のブログを読んでいるとそこそこ通用する考え方だと錯覚してしまうのですが、全くそんな事はなく、ちょっと人に話せば怪訝な顔をされてしまうでしょう。

ただもし1の人物の預貯金が5億円あったらどうでしょう。そういう人は家賃3万円の部屋は借りないでしょうけど、貸しても滞納などなさそうですよね。では貯金が500万だったら? 就職してくれれば問題ないけどそのまま無職では資金が底をつくのは自明なので、やはりその場合、貸すのは躊躇われます。(家賃保証会社の審査が通ればいいんですよ。通らない場合の話ですね)

結局は資産額の問題ですよね。なので将来のために貯蓄を増やすかせめて減らさないようにしないといけないとは思うのですが…なかなかこれが、働く気もしない。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ