盲導犬と命の違い

先週、盲導犬を刺したという酷いニュースがありました。ネットで見た話ですが邪魔にされたり蹴飛ばされたりすることもあるらしいですね。

自分は犬や猫にそういうことをしようとする気は起こりませんが、虫がいれば叩き潰すわけです。虫は生理的に気持ち悪いからですよね。自分に害を及ぼすならそれは生存を賭けた戦いだから仕方がないかもしれませんが、特に害のない虫でも目の前に現れないで欲しいなとは思います。

もし、自分が虫に対して持つような嫌悪感を犬や猫に持つ人間がいたらどうなのだろうと考えました。もし犬や猫を見た時に自分がゴキを見た時に感じるような嫌悪感を持つとしたら、どうなのだろうと。こういうことをするのはそういう人間なのかなと。

もちろん自分の感性では犬や猫を傷つけて欲しくないです。でも虫は正直言って絶滅して欲しいくらいです。何故虫なら叩き潰しても良いのか、これは全く人間の身勝手なのですよね。以前も似たような内容を書いたんですけど。

にわとり
にわとりなんて世界では割と生きたまま売ってる所ってあるじゃないですか、ああいうのは自分で潰せるレベルじゃないと食べちゃいけないつーことですかね

日本人はくじらを食べるなと言われます。個人的にくじらは食べられなくても一向に構わないのですが、じゃあ、あんたらがさんざん食べている牛は良いの?という疑問が出て来ます。豚も魚も良くてくじらはいかんのかい?という話なのですよね。

どちらにせよ一つの命だから有り難く頂くしかないような気がするんですが。

絶滅しそうで数が少なくなったから保護するというのは理解できますが、生理的にくじらは可哀相で牛は可哀相でないというのは、牛にしてみればたまったものではありません。お前ら何を言ってるのというのが牛の立場ではないでしょうか。

もし、くじらやいるかは頭が良いからとか、そういう基準だとしたら明確に科学的に頭脳レベルがこれだけあるからダメですよと世界的なルールで禁止にした方がすっきりします。でもそうじゃなくてその人達が育ってきた文化的な面で生理的に嫌悪感が発生するのだからどうしようもないですよね。

結局人間は自分勝手なものだと思いますが、生き延びるためにやってきた事だから仕方がないですよ。でもそれを人に押しつけるのは良くないんですよね。自分の考えに従わせようとするから争いが発生します。犬を食べる文化がある所だってあるのですが、それはどうなの?受け入れるの?世界的なルールを作って基準を示すの?結局は欧米の基準になるんでしょ?

人間も動物ですからねえ。理性的に口ではなんのかんのと理由を付けても生理的に嫌悪もするし、弱肉強食なのですよね。最終的には。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『盲導犬と命の違い』へのコメント

  1. 名前:バッタモン 投稿日:2014/08/31(日) 21:09:43 ID:7a9a02d9b

    欧米人にしても牛を食べるようになったのは高々数百年の事でしょう。
    それまでは飼っている豚か、卵を産まなくなったニワトリぐらい。
    しかし、人類史上一番多く食べてきた生き物は、じゅんペーさんは嫌だろうけど
    昆虫です!

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/08/31(日) 21:31:53 ID:e7a92fd67

      >バッタモンさん
      以前記事にも書いたのですが、食糧不足になれば昆虫食が有望らしいですよね。長野県はイナゴとか食べる文化がありますからねえ。蚕のさなぎもですよ。私は食べた事ありませんけど。
      例えば形になってなければ、粉状にしてハンバーグにするとかなら食べられるかもしれません。そうならないように祈りますけど。

  2. 名前:kako 投稿日:2014/08/31(日) 23:10:24 ID:45b44109f

    あのニュースを見て吃驚しました。盲導犬は人を噛んだり鳴いたりしないように
    訓練されているというのに、そんな生き物に害を与えると言うのは許せない行為です。
    そんな輩はトラやライオンと一緒に檻に入れて素手で戦わせたい!。。。。過激!
    私も動物は大好きですけど、長い物や虫は苦手! ただわざと殺そうとはしませんから
    私の前に出てさえいただかなければかまいません。

    牛、豚、鳥はたべるくせに鯨を食べる日本人を野蛮人みたいな言い方する欧米人にも
    ちょっと辟易です。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/09/01(月) 07:49:56 ID:b0dbca59b

      >kakoさん
      盲導犬は人間に尽くしてくれているのに、それを傷つけるなんてね。希にそういう人が現れるんですね。
      長いものといっても私はヘビは意外と平気なんです。人によって色々で興味深いです。

  3. 名前:招き猫の右手 投稿日:2014/09/01(月) 00:36:59 ID:c7b92c607

    僕は犬猫好きですけど、PETAとかちょっと病的な愛護団体っていますよね、あれは引きますね。
    ただしいくら猫が好きでも、猫三味線とか、そういう文化にまでケチをつけようとは思いません。
    そういう分別が出来ない人がいるのが信じられないですね。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/09/01(月) 07:50:36 ID:b0dbca59b

      >招き猫の右手さん
      私も似たような感性ですね。多分多くの人と同じだと思います。

  4. 名前:いろいろでセカンドライフ 投稿日:2014/09/01(月) 11:23:27 ID:b155cc169

    じゅんぺーさんの仰られる通り
    人間は身勝手ですよね。

    私も、子供の時は虫や魚、カエル相手に残酷なことをやりました。
    虫や魚なんて、食料か遊び(結構残虐な)相手ぐらいにしか思っていませんでしたから。

    大人になり、大きく変わりました。
    たぶん、多くの方がそうなのでしょう。

    痛みを知ると言うか、自分が嫌な経験をするに従い、想像力が働き
    このようなことをすると、相手も多きな苦痛を受けると言うことを
    学び、大嫌いな虫も、相当の理由が無いと駆除できなくなりました。
    相当の理由というのは、駆除しないと、自分が大きな被害を受けるとか
    痛みを与えられるとか、周辺に大きな迷惑を与えるなどの理由です。
    当然、相当の理由と言いながら身勝手な理由なのですが。

    ただ、肉食魚食はしますし、革製品も全くないわけではないので、
    片手落ちというか、勝手な言い草になってしまいます。

    できるだけ、無駄を出さない、意味のない殺生は極力避ける、ぐらいで、
    お許しいただければなと考えております。

    食文化に関しては、私は許容範囲が広いと思っていますが
    犬食文化圏の一部で、苦痛をたくさん与えて処分したほうが
    犬肉(私は食べることができません)はおいしくなる、と言う意見があるのには同意できません。
    苦痛は最低限にしていただいた方が・・・
    しかし、狭いケージで飼われた鶏から生まれた卵は食べているので、これも身勝手な意見かなぁ。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/09/01(月) 14:06:19 ID:b0dbca59b

      >いろいろでセカンドライフさん
      色々思うだけで私はとても自分勝手です。

      そもそも見た目で嫌悪を感じてしまうというメカニズムが不思議ですね。DNAに染みついた何らかの理由があるのかもしれませんが、昆虫好きの人だっているわけですし。ほんとに無駄に殺生しない方がいいので部屋から出て行ってくれればいいのですが、意志の疎通ができないので難しいです。

      食料にする場合も、なるべく恐怖を与えないという方向になっているようで、その方がいいと思うのですが、「苦痛をたくさん与えて処分したほうが」というのは初めて知りました。これは私も同意したくないです。自分だって殺されるとしたら恐怖や苦痛がない方がいいですから。

      他の動物はそんな事考えもしないでしょうから、人間のジレンマなのですかね。でも無人島に漂着してしまい食べるものが無かったらそんな悠長な事言ってられないのですから、せめて無駄にしないこと位しか出来ないかなと思います。