セミリタイアという考えは、あまり広めない方が良いのかも

アーリーリタイアやセミリタイアはあまり宣伝しない方が良いかもですね。

自分でそういう方法もあるのか!と気が付いて、こつこつ資金を貯めた人だけの特権にしておいた方が。

このブログも、わずかな収入でも人に頼ったりするよりは自分で稼いだ方が良いだろうと思って頑張って毎日書いているわけですが、どうしても考え方の違う人も読んでしまう場合がありますから。

働かない事を勧めている様に見えても仕方ないかもなあ。

辛くても働かざるを得ない人からすれば離職して楽しげなブログは癪にさわると思うし、本当は生活を公開などしない方がいいですよ。こそこそとやっていた方が批判もされないでしょう。

でも少なくとも早期リタイアする人や、仕事を休憩して何年間か働かずにいられるという事はそれだけ資金がある(もしくは資金が入ってくる仕組みを作った)と言う事です。

それは誰かから受け継いだものでなければ、自分の収入を使わずに我慢して、他の人が楽しんでいる時に我慢して貯めた資金だから、(その対価として?少なくとも資金がある間は)働かない事をとやかく言われる筋合いはないとは思うんだけど。

早期リタイアのための貯金というのは、(分かりやすい物に例えていうと)他の人が広すぎる家や立派な車や豪華な旅行などにかけたお金を使わずに、将来の自分の時間を買うことに使ったという考え方なんだけど、それは理解してくれない人も多いわけで…

貯蓄取り崩し型リタイアの人は、自分で貯めたリタイア資金で、自分自身を雇って時給を払っているという風にも考えられるかもしれませんね。(雇用の際に必要な諸々の経費などは払ってはいませんけどもね) もちろん仕事内容は「自由」にして良しなんだけど。

とにかく、表面上は自分は皆と同じですよ、同じ考えですよ、としておかないと色々と面倒くさいです。外国は知りませんが、特に日本はそういうところがあると思います。

なので50歳で仕事を辞めて楽しくて仕方がないなんて、あまり言わない方がいいんだろうなあ。本当は。