親と預貯金の話

親と預貯金の話

こんばんは。銀行や信金が「預金」で、ゆうちょやJAが「貯金」ですが逆かと勘違いしていたものです。銀行へは預ける、郵便局には貯めるというのが元々らしいけど、興味があれば自分で調べてね。

さて、私が「xxx円位はあるよ」と言っているのに、うちの親はどうやら私は全く貯金が出来ないものだというイメージがあるらしく、昨日たまたま母親が二階に上がってきた時にネットの口座の画面を見せてみた。

金額は、まあ数年は暮らせると思ったらしいがやはり心配してはくれている。それよりもパソコンから振り込んだり出来るということに衝撃を覚えたようだ。

母親もどこの銀行にいくら、保険の満期でいくらとか話してくれたが、貧乏家族なので大してあるわけではない。むしろ介護とか始まって、ヘルパーさんを呼んだり入退院を繰り返したりすれば全てなくなり、長期になれば私の貯金を切り崩さないといけないかなと思っています。

母はパートして厚生年金をもらっているが父にいたっては国民年金なので、母の年金と合わせている今はまだ良いが、軽自動車を保持しているしやはり貯金を切り崩しながらやっているようだ。

なので当たり前だけど親が亡くなった時に幾らか入るとかいう事は全く考えていない。むしろ借りた土地の上に建てた実家を更地にして返したりと、かなりお金を使わなきゃいけないのではないだろうかとか考えている。

しかしどっちが先にどうなるとか現状では全然分からないので、まあその時はリタイアとか言ってないで何らかの仕事をして少しでもその足しにしないといけないと思っているが、実際にどうなるのかなってみないと分からないので、楽観的な私でも漠然と不安だけを持っている。

皆、そういう不安や何が起きても大丈夫なように対応するため、頑張って働いてお金を貯めたりするのだが、あまり心配しすぎて過剰になっても勿体ない。勿体ないというのは過剰に貯めるために費やした労力や時間のことだけど、本来なら自分の為に使えたはずの時間ですね。

かといって私は過剰の反対で「不足」なので、もう少し考えて対処しておけよと思われているだろうけど、それはまさしくその通りだと自分でも思います。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ