かもしれません攻撃

こんばんは。受験が英数理だったので国語は全く勉強していないものです。

自分の文章は「かもしれません。」が多いかもしれません。(←ここは意識的です)

ブログの文章を書いてから読み返すと、「~かもしれません。」ばかりが目立ち、色々と修正します。断定できる箇所は、かもではなく断定にしますが、自分であやふやな部分は、「~でしょうか」とか「~の可能性がありますね」など言い回しを変えるだけで意味はそのままです。

「かもしれません。」と言っておけば、楽なんですよね。断定して言い切ってしまうのは、実際に調べたり内容に自信がないと書けないので、あやふやなまま書いている時は、「かもしれません。」が便利なのです。

なので私はこの事を「かもしれません。」攻撃と呼び、秘かにこれではやばいと思っています。

断定して間違っていても、特に責任を取れとか言われる事はないでしょうけど、何となくサラリーマン気質が抜けないのだと思ってます。いわば責任を回避するやり方ですよね。大人になってずるくなったのです。いやサラリーマン気質というか日本人の気質がそもそもこういう感じなのかもしれませんね。(←かもしれません攻撃で終了)

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『かもしれません攻撃』へのコメント

  1. 名前:招き猫の右手 投稿日:2014/05/16(金) 21:39:55 ID:b7fd34a04

    私も書き方にクセがあるようで、繰り返すとくどいので後で修正しています。

    責任回避はサラリーマンの修正なのでしょうか・・・

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/16(金) 22:20:48 ID:9eff89dbf

      >招き猫の右手さん
      書き方の癖はやはり出ちゃいますね。人のブログを読むとやはり個性があります。