137億年の物語 第二部

こんばんは。床屋に行って、ニット帽を被って寝たら髪の毛がぺったんこでカリメロみたいになりました。
 

137億年の物語ですが第二部まで読みました。かなりざくっとですが、人類の起源について、どういう発見があってどのように思われてきたか書かれていて面白いので興味深い話を幾つか書いてみます。(真面目になってしまってつまらんのでこの本は二部までにしときますわ。三部からは文明なので普通に歴史だし)
 

聞いたことはあると思いますが、ホモ何とかというのがいくつかあって、その中のホモ・サピエンスが現生人類ということ。

「二足歩行」がヒトとサルの分かれ目ですが、最近の実験で人間とチンパンジーをランニングマシンの上で歩かせて比較すると、同じ距離を歩いても二本足で歩いた方が四本足よりも消費エネルギーが少なく、25%ですむということが分かったそうです。

食料が厳しい環境では二足歩行が有利だったのですね。それで歩きながら食べることもできるし脳が大きくなって道具を使うようになっていきます。今だって背が高い方がモテて子孫を多く残せば、そのまた子孫も背が高くなっていくということだと思うから、そういう選択が働いたのかもしれないし、住んだ場所によっては単純に二足歩行しないと生き残れなかったのでしょうね。
 

遺伝子の解析が進み、現在地球上に暮らす全ての人は、アフリカにいた一つの系統の子孫ということが裏付けられたとあります。また今の人類の遺伝子はチンパンジーなどと比較して多様性に欠けているため、ホモ・サピエンスは一時期個体数が激減し1,000人から10,000人の間になったと考えられているとのこと。原因は分かりませんが巨大な噴火や伝染病説が有力らしいですよ。
 

そして食べ物に困ったり、暑さ寒さもあったと思いますが、徐々に移動し住む場所が広がっていきます。

アフリカから広まり、最終的には世界中に分布するわけですが、ガラパゴス諸島の例にもあるように、元が同じでも環境に合わせて変わっていきました。種の分化と言うそうですが現生人類もそうでした。

コイサン語族(アフリカ人)、コーカソイド(ヨーロッパ人)、モンゴロイド(中国及びアメリカ先住民)、アボリジニ(オーストラリア先住民)と大きく分けられる状態になりました。アボリジニはついこの前まで外界の影響を受けずにいたんですもんね。
 

昔は「狩猟採集生活」で食料を調達すればそれで仕事は終わり。およそ一万年前まで家や村はほぼ存在しなかったようです。移動するので物はあまり持たず共有し、そもそも土地は空気と同じで個人所有という概念はなく、動物や植物や人間、すべてに共有されるべき資源でした。

初期の農民たちの化石から農耕はかなり過酷だったようです。その辺に食料となる動植物が潤沢にあればわざわざ種を蒔いて収穫する必要はありませんが、気候変動などから狩猟と採取に適した草原や森林が海に飲み込まれたり砂漠になったりし、そうもいかなくなったと考えられているようです。
 

そして役に立つ種を栽培するなど進化を「人為選択」し始めます。へえ~と思ったのは、動物にはペットや農場で大人しく暮らすものと、そうできないものがいますが、飼い慣らすことのできる動物には少なくとも三つの特徴があるということ。

・群れで暮らしていること
・その群れに社会的な構造があること(人をリーダーとして受け入れる)
・他の種の動物と縄張りを共有できること
だそうです。
 

人間が町で暮らすようになり、銅や青銅や鉄で武器を作り始めるまで、人類の歴史には戦争や残虐行為の形跡はほとんど残されていないとのこと。皆で協力してやっていた時代を過ぎて、最初に土地を囲って「ここは俺のものだ!」とやり始めた頃から現代の人類の苦悩はスタートしているのかもしれませんね。
 

これだけ書いて少しは覚えられればこの記事も無駄でもないんですけどねえ。

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『137億年の物語 第二部』へのコメント

  1. 名前:パルタ7 投稿日:2016/01/09(土) 23:40:42 ID:f6a8bf364

    こんばんは。
    なかなか分かり易い解説だと思いました。面白かったです。戦争などの争いごとがなかった原始時代が、人類にとって一番幸福だったのかもしれませんね。

    日本は戦後70年平和を続けていますが、アメリカは1700年代後期の独立戦争以来、250年間のほとんどの期間戦争していると、ある本に紹介されていました。世の中に不満を持つ人は多いですが、日本人は現在かなり幸福な時期を過ごしていると考えるべきなのでしょうね。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2016/01/10(日) 08:09:46 ID:f1e891777

      >パルタ7さん
      定住する前は長い間人口も少なかったようですが(増やせなかった)、原始は狩りや果物の採取で十分食っていける時代があったんでしょうね。人間だって動物の一種に過ぎないんですもんね。

      確かに生まれてからずっと平穏に来れたので感謝しないといけませんね。ストレスだ何だと行っても戦争のような生命の心配は無かったわけで、あるサイクルで大きな戦争が起きるのなら間のちょうど良い時代だったのかもしれませんね。

  2. 名前:たいが(taiga) 投稿日:2016/01/10(日) 06:50:20 ID:1200662fe

    カリメロってなつかしいですね~~。
    初代カリメロを見てたました。

    そういえば、石器時代の経済学ってめちゃくちゃに面白い本があります。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2016/01/10(日) 08:10:03 ID:f1e891777

      >たいがさん
      「石器時代の経済学」ですね。
      たいがさんは色々と読んでますよね~。ぐぐったら高価なので図書館ですね。
      Amazonのレビューを見たら「採集狩猟社会が、決して貧困な社会ではない」とあり、それはやはり138億年の…を読んでも感じました。