鴻臚館跡(こうろかんあと)

鴻臚館跡案内看板
 

福岡を離れてしまったので今となっては書くのもあれですが、11月に訪れた鴻臚館跡のことをメモしておきたいと思います。

地下鉄空港線に乗り、赤坂駅付近になると「鴻臚館跡はここでお降りください~」みたいなアナウンスが流れ常に気になっていました。11月にやっと見に行ったわけです。
 

道標
ああもう思い出になってしまいますな
 

「鴻臚館」とは、平安時代に築かれた外交のための迎賓館。平安京(京都)、難波(大阪)、そして筑紫(福岡)の3ヵ所に設けられた。その中で唯一遺跡が確認されているのが現福岡市中央区にある筑紫の「鴻臚館」なのだ。
福岡の観光サイトよかなびより(http://yokanavi.com/jp/landmark/index/675

距離的には大濠公園の方から行ってもそう遠くないです。舞鶴公園の中にあるということで福岡城の跡も同時に散策すればいいと思います。
 

平和台球場の外野席スタンド改修工事の時、それに伴って調査が行われ初めて史跡の一部が確認されたようで、今は20年に渡る発掘調査の途中らしいです。場所は万葉集の遣新羅使の歌などから推定していたとのことです。

その調査で明らかになった一部建物を復元した施設もあり、そこは入館無料で見学可能です。おじさんが受付にいて来客ノートみたいなものがあり、見学者がどこから来たかなども書くようになっていました。

見学できる建物
これが見学できる「鴻臚館跡展示場」。発掘の跡や一部復元された建物、歴史などの説明がある
 

復元建物

復元建物2
ちょっとだけ復元されています。壁だけです
 

降りて近くで見られる
降りて発掘の様子を近くで見られるようになっていました
 

7世紀後半から11世紀まで、何期かに分かれて埋め立てられたり造りかえられたりした歴史があるとのこと。南北に分かれていたことなどが判明しています。

面白かったのは多分日本最古のトイレの遺構が幾つか見つかっていることで、トイレットペーパーの代わりに細長いへらのような木片でお尻をすりすりしていたようです。その辺はアバウト?だったのでしょうね。
 

以下、クリックすると文字を読めるくらいには大きく表示されます(多分)。

鴻臚館説明1

鴻臚館説明2

鴻臚館説明3
 

内部も撮影禁止ではなかったので一部説明のパネルだけ載せてみます。もちろん他にも展示はたくさんあったので読んでいたら一時間くらいかかってしまいました。

建物変遷

これまでの調査
 

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『鴻臚館跡(こうろかんあと)』へのコメント

  1. 名前:とまと 投稿日:2015/12/24(木) 19:12:27 ID:daf0d28a2

    行かれたのですね、鴻臚館跡。
    平安時代の迎賓館跡で、発見までの経緯もいろいろあって面白いところでした。私は昨年の大河ドラマ「黒田官兵衛」ゆかりの地を巡っている途中、たまたまここを訪れましたが、ボランティアの方がとても丁寧に説明してくださったのが好印象でした。奈良にも難波にもかつて同じような施設があった中、福岡だけ見つかったという事も郷土の誇りになさっているように感じました。九州国立博物館も福岡市立博物館も日本史好きにはたまらない場所です。邪馬台国が近畿にあったのか九州北部にあったのか論争は続いているようですが、九州に行くと、九州北部説が有力に思えてくるのが不思議ですね。 私自身は関西人なのでこれまでずっと近畿説を支持していたのですが(笑)

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/12/24(木) 19:55:08 ID:93c11039e

      >とまとさん
      確かとまとさんがコメントで勧めてくれたんですよね。車内アナウンスで気になっていたこともあり行ってきました。
      今は広い平地になって調査中なのだと思いますが、今回九州に行ってみて、本当に奈良、京都だけじゃないんだなということは感じました。
      私、理系で歴史はほとんど勉強してこなかったんですけど、日本てずっと続いている国だし他の地域でも色々とあるんだろうなと思いました。福岡滞在はいい経験になりましたよ。