池上さんの「世界を変えた10冊の本」を読んだ

これは面白い本だわ~。そしてとてもわかりやすいです。

とりあえず最初の「アンネの日記」だけでも。

なぜこれが世界を変えた本だと池上さんが考えたかというと、中東問題の行方に大きな影響力を持っているからだということです。

アラブ諸国以外の国際社会は、あまりイスラエルに強い態度をとらないが、ナチスドイツによって600万人もの犠牲者を出したことの象徴がアンネ・フランクであり、この日記だと。ぶっちゃけこの本を読むと、その痛ましさからユダヤ人に甘くなってしまうのでは?ということ。アラブ諸国ではこの本はあまり知られていないようですが。

まあイスラエルに色々言わないのは、イギリスがイスラエルとアラブ両方にいい顔をして矛盾した約束をしてこじれちゃったからとか、ユダヤ人が金融で成功して強い支配力があるからじゃないのとか、私はそういうのを聞いたことはあるけれど。

我々日本人には差別的な感覚がわかりませんが、そもそもユダヤ人がなぜ差別されたのかというと、新約聖書を構成するマタイによる福音書の中にあるエピソードが原因ではないかと。

イエスが十字架にかけられることになった時、ローマ帝国から派遣された総督が、本音ではイエスを助けたかったため、十字架にかける必要があるのかユダヤ人に尋ねたそうです。そうするとユダヤ人は「イエスを十字架につけろ」、「その血の責任は、我々と子孫にある」と叫んだとのこと。

要するに、たとえ報いが子孫にまで及んでも構わないから死刑にしろと言ったとのことなのです。これがあるためヨーロッパのキリスト教徒の中に、イエスを殺害した人々の子孫は報復を受けて当然だと考える人達が出てきたとのこと。

その結果、ヨーロッパに渡ってきたユダヤ人に対する差別が行われ、また卑しいとされる金貸し業で商才を発揮したこともあり、迫害されたユダヤの人達は自らの信仰を守るために秘かに集まってユダヤの行事を続けたが、それがこっそり集まって陰謀をめぐらせているという疑心暗鬼を生んだとか。

最初は完全版の日記ではなく、生き延びた父親が、アンネの母に対する葛藤や性的表現が書かれた部分を削除し、その版が出版されたらしいです。そしてそれが世界中に広がったあとで、内容が全て収録されたオリジナルの日記が出版されたとのことです。

若い人は言わないかもしれませんが、以前は女性があの日になるとアンネちゃんとかいいました。(古いか?) この日記の中で隠れ家生活を送る中、初潮を迎える時期になったがナプキンが手に入らず悩む描写があり、それを読んだ坂井泰子という人がアンネのような境遇でも容易に使える生理用品を開発しようと考え、日本で初めて紙を使った生理用ナプキンを開発したとのことです。その商品名はアンネナプキンで、それを発売した社名はアンネ株式会社ですが、なので未だにこの部分を書くのにアンネとPCで打つだけでも正直恥ずかしいですね。

「しかし、イスラエル政府によって壁で包囲されているパレスチナに住む人達の中にも、イスラエル軍に怯える日々を日記につけている少女がいるのではないでしょうか。」そのような意味のことを書いて池上さんはこの章を締めくくっています。
 

まあそんなような興味深い解説が各本に対して書かれています。その10冊を挙げると

1章 アンネの日記
2章 聖書
3章 コーラン
4章 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
5章 資本論
6章 イスラーム原理主義の「道しるべ」
7章 沈黙の春
8章 種の起源
9章 雇用、利子および貨幣の一般理論
10章 資本主義と自由

宗教や経済が世界の成り立ちに与えた影響や、Tips的なへえ~となる話が満載で知識が無くても楽しく読めてしまいます。(まあ忘れちゃうんだけどね)

例えばイスラムの考えでは、ユダヤ教、キリスト教の元となる旧約聖書、新約聖書は預言者(予言ではない)によって与えられた言葉を残したものですが、コーランは直接の神の言葉を通訳して残したものであり、それは神が天使ガブリエルに命じてアラビア語に訳させたので、本来はその言葉で読むべきであり、アラビア語以外の言語に訳すことはできないということになっているとかね。しかし安心して下さい。建前としては日本語解説書という位置づけで日本語訳されたものも読めるそうです。

池上さんのこの本をきっかけに、上記10冊の中から興味を持ったものを実際に読んでいくのもいいのではないでしょうか。
 

ちょっとどんな本かを書いておく。

アンネの日記 アンネ・フランク
 二次大戦中に迫害されたユダヤ人少女の日記

聖書
 ユダヤ教、キリスト教の教典

コーラン
 イスラム教の聖典

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 マックス・ウェーバー
 宗教が経済に与える影響を分析
 (宗教改革の中で、不安から職業労働に従事することが恩寵を与えられるという思想で、働く事が全てというような人が出てきた理由に言及している。それによると敬虔なキリスト教プロテスタント(中でもカルヴァン派の人達)は財産があっても早期リタイアなど考えないはず)

資本論 カール・マルクス
 資本主義の原理を解き明かす経済学の本。資本主義の問題点に言及。

イスラーム原理主義の「道しるべ」 サイイド・クトゥブ
 イスラムが全人類を導く役割を果たすための道しるべ。イスラム教を極端に解釈しテロ思想の元に。

沈黙の春 レイチェル・カーソン
 農薬が及ぼす悪影響を訴え世界が環境問題に取り組むきっかけになった本。

種の起源 チャールズ・ダーウィン
 進化論によって生物学や遺伝学に大きな飛躍をもたらした。また神による創造というキリスト教社会の根底を揺るがした。

雇用、利子および貨幣の一般理論 ジョン・M・ケインズ
 公共事業や金利を下げ投資を活性化させるなど、景気対策の源になった本。(株式市場はしばしば美人コンテストに例えられるがこの本が元らしい。またケインズ理論によって深刻な恐慌はなくなったものの恒常的な財政赤字に悩まされるようになる。)

資本主義と自由 ミルトン・フリードマン
 新自由主義思想を経済学において打ち立てた。自由至上主義者(リバタリアン)のバイブル的存在となる本。変動相場制を主張。ケインズに反対。市場経済の効率性を信頼し、政府の経済介入を疑問視する。

だけど私が実際に読んだのはこれだけw

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『池上さんの「世界を変えた10冊の本」を読んだ』へのコメント

  1. 名前:アーベル 投稿日:2015/10/14(水) 19:10:41 ID:042e9bca3

    こんにちは。
    世界を変えたと言える書物として、聖書、クルアーン、資本論は文句なしでしょうが、種の起源も非常に影響が大きかった。ナチスドイツもこの種の起源に多大な影響を受けています。種の起源は生物の適者生存を提唱しました。これがいつの間にか人種論に応用され、人間も優れた民族が生き残るのは自然なことであるという思想が生まれました。ソーシャルダーウィニズムです。ナチスドイツをはじめとして世界の民族浄化の根拠となっています。

    ヒトラーがなぜユダヤ人を迫害し、絶滅を目指したのか明確な理由はいまだに分かりません。確かに彼はゲルマン民族の純正帝国を目指しておりその帝国にユダヤ人は必要ないと思っていたようです。ただユダヤ人の差別を始めたのはヒトラーではありません。キリスト教徒です。なぜか?ユダヤ人の民族宗教であるユダヤ教がキリスト教にとって危険極まりない代物だからです。

    あまり意識されることがないのですが、キリスト教の神の名前はヤハウェ(エホバ)と言います。しかしヤハウェは元来ユダヤ教の神です。そうキリスト教はユダヤ教の神を借用したユダヤ教の分派なのです。ユダヤ教の聖典である旧約聖書はユダヤ人の運命を記した予言の書でもあります。内容は簡単に言うと人類はやがて滅亡するが、その時メシア(救世主)が出現しユダヤ人だけは天国に導かれるというものです。

    つまりユダヤ人にとってメシアとは究極の希望だったんですね。ところが紀元間もなくパレスチナのユダヤ人社会に生まれたイエスという頭のイカれた(ように見える)おっさんがユダヤ人社会を多少非難しました。ユダヤ人は怒ってこのおっさんを処刑しました。この事件自体は当時のユダヤ人たちにとってどうでもいい事件でした。

    しかしこのおっさんの弟子たちが、おっさんは3日後復活して天に召されたと荒唐無稽なことを言い立てます。挙句このおっさんは旧約聖書に出てくるメシアであると言い出したのです。ここにキリスト教が誕生しました。ユダヤ人にしてみれば、民族の希望であるメシアがこんなわけの分からないおっさんだなんて冗談じゃない話です。それではユダヤ人達はメシアに気がつかず自らの手で殺害してしまったことになります。ユダヤ人達はこのおっさんを決してメシアとは認めませんでした。

    時代が下ってキリスト教はローマ帝国の皇帝コンスタンティヌスという一人の人間を洗脳することに成功し、以後ヨーロッパ人の精神をのっとります。キリスト教の時代が到来したのです。キリスト教が存立するにあたっての絶対条件があります。それはイエスが真実メシアであったということです。そもそもイエスはユダヤ人であり、イエスが神の道を説いたのは誰に対してか。ユダヤ人に対してです。イエスが説得しようとしたのはユダヤ人でした。しかし、ユダヤ人達はそれを絶対認めませんでした。しかし、イエスをメシアとしない限りキリスト教は存立できないのです。ユダヤ人とユダヤ教はキリスト教の理論的根拠を崩壊させかねない存在だったんですね。

    その結果、キリスト教徒はユダヤ人を穢れた民族としました。こんなのキリスト教団の一方的な都合にすぎませんが、ユダヤ人はキリスト教の天下が続く限り迫害され続ける民族になったのです。人類史の教訓とされていいような呆れた話なんですが、キリスト教が牛耳る欧米ではいまだにこのことが取り沙汰されません。
    ユダヤ人を迫害したのはヒトラーだけみたいな顔をヨーロッパ人はしていますが、ロシアを含めたヨーロッパ人全員が顧みるべき問題なわけです。イスラエルに何も言えないのも当然かな、と。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/10/14(水) 19:59:42 ID:b74d39354

      >アーベルさん
      長文で詳しい解説ありがとうございます。
      アーベルさんのコメントを読んで興味が湧く人も多いと思いますが、そういうブログとかやってないんでしょうか。

      実は「種の起源」の解説の中にも、優れた民族が生き残るというナチスの思想に使われたというような記述がありました。
      聖書についても旧約、新約という流れの中である程度のことは書いてありましたが、池上さんなのでもっとやわらかい感じになっていました。こういう話を聞くと面白いなと思いますし、欧米の文学や映画を理解するなら聖書のような根幹となる思想の理解が必要なのでしょうね。まあもう欧米もいいんですけど。
      日本が布教されなかった(受け入れなかった)のも面白いと思いますね~。