多くの人が死ぬ直前に気づくこと

多くの人が死ぬ直前に気づくこと

早期リタイアしたい人達は、多くの人が死ぬ直前に気づくことを早めに気づいちゃったんですよ。

もうちょっとやりたいようにやっても大丈夫だったんじゃないかなと。

最低限生きていくために必要な分だけ働けばいいし、もしくは自分(と周囲)の目的に必要な分だけ働けば十分なんじゃないのって。

だから、もう余分に雇われて働くなんて、そんなことをする意味がない、ということじゃないのかな。
 

文庫になっていたけれど、働いている頃にこれを読んじゃったから今こうなっているのかも…
 

この本はブックオフへ行っちゃったし内容は覚えてないけどネットから後悔をいくつか拾ってみました。

・自分のやりたいことをやらなかったこと
・仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
・行きたい場所に旅行しなかったこと
・会いたい人に会っておかなかったこと
・美味しいものを食べておかなかったこと