少子化対策として

一夫多妻にしたらどうでしょう。結婚する女性が増えて子供も増えるかもしれません。もちろん男女差別になってはいけないので一妻多夫もokとします。一妻多夫はむしろ少子化が進みそうですが、何となく数は多くなさそうです。

残念ながら今の日本の現状として、女性は自分で稼ぐよりも結婚を通して男性に経済的に依存しようする人が多いです。婚活の条件として男性は女性の収入を気にしませんが、女性は男性の収入が条件の上位に来ています。

日本の多くの企業の給与体系の現状や、男性が働くものだという社会や税制の仕組み、高齢の男性に未だにある男尊女卑の意識も、こういった女性の考えに拍車をかけているのだと思います。以前何かで見たのですが北欧のとある国では、女性も自分で稼ぐという意識の人が当たり前との事でした。

現在でも経済的に恵まれた男性は愛人を作ったり、イケメンな男性はモテモテだったりします。現実問題として、そういった女性から望まれる男性が、複数の女性の面倒を見るということは理にかなうのではないでしょうか。

自分としては本来、女性が男性に依存するという考えを捨てて、経済的な事は無関係に本当に愛する人と結ばれて欲しいです。ですが多くの女性が結婚には経済的な安定を求めるという意識なのであれば、その要望を満たせる経済的に裕福な男性が、そういう女性の希望を叶えてあげればいいのではないかなと思います。

逆に貧乏なイケメンは複数の女性から支援してもらえる可能性も出てきますし、結婚から漏れる男性は、それはそれで責任もないしのんびりやればいいではないですか。

日本の国力として考えると少子化は望ましくないのでしょうけど(お隣も何だかやばいですし)、自分は国とかそういう枠は早くなくなって欲しいので少子化自体はどうでもいいのですが。

それに結婚という制度自体が既に破綻しているといえばそうなんですが、人間の決めたことですから、時代にそぐわなくなったりすれば、常識だとか慣例だとか言わずに変更してもいいのです。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『少子化対策として』へのコメント

  1. 名前:アーベル 投稿日:2014/01/29(水) 11:26:14 ID:589fc6ab0

    こんにちは。
    年収で検索するとすぐに出てくるのですが、世代別サラリーマン年収分布というグラフというものがあります。男性は50代まで順調に年収が伸びます。50代で平均年収600万を超えます。ところで女性はというと年収のピークは30代でしかも平均年収300万未満です。
    結婚していれば相手の年収も世帯年収ですが、独身の場合自分の年収しか世帯年収に見込めません。つまり非婚化の進行は男性よりも女性にとってむしろ深刻ということになります。もちろん女性でも中層以上の年収を得ている人は沢山います。しかし全体から見ればそれは少数なのです。男性の独身者が増えているとよく言われますが、人口が1:1である限り女性の独身者も確実にそれに比例します。
    グラフから窺える独身者の増加する社会の実相は、男は貧しいから結婚できない、女は結婚しないと貧しくなっていくということが言えます。
    一夫多妻制というと女性の人権を無視してるという声が上がります。でも女性の人権(生存権)を守るには一夫多妻制を認めよという声が女性の側から上がるのが本来のような…。

  2. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/01/29(水) 13:02:14 ID:589fc6ab0

    >アーベルさん
    こんにちは。
    元々は戦争などで男性が少なくなってしまった場合の救済策という意味もあったらしいですね。
    女性の収入が男性に及ばないのは考えなければならない問題です。
    ただ女性も男性に寄りかかるのではなく、自立して自分で稼ぐという意識が大事かと思います。
    でも先に女性の収入が増えないと、そうなっていかないですよね。
    現在の収入の男女差を考慮すると、無理のない話です。
    というか女性が自立するのを妨げたい(女性は男性に尽くせという)
    考えの会社経営者などが、そういう意志を持って女性の給与を低く設定しているのかもしれません。
    女性の本音はどうなのか聞いてみたいところです。
    もちろん人によって許容できるかできないかは異なるでしょうけど、
    実際は食べさせてくれれば第二夫人でも良しとする考えの人も少なからずいるかもしれません。
    理想は男女共に自立できて、経済的に自由な状態で互いの伴侶を見つけられればいいのでしょうね。

  3. 名前:sm 投稿日:2014/01/29(水) 14:45:49 ID:ca9174977

    日本のはなし
    小子化は解決不能だよ
    解決方は、移民しかない

  4. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/01/29(水) 17:25:25 ID:589fc6ab0

    >smさん
    移民か~。
    まあ特別少子化を憂いているわけでもないんですが、何か色々考えるシリーズをやろうと思いまして。

  5. 名前:nana 投稿日:2014/01/29(水) 20:26:38 ID:589fc6ab0

    一夫多妻制の是非は ともかく・・
    日本女性の賃金が上がらず 経済的な自立が難しいのは
    下に じゅんぺーさんが書かれているとおりだと思います↓
    >日本の多くの企業の給与体系の現状や、男性が働くものだという社会や税制の仕組み、高齢の男性に未だにある男尊女卑の意識も、こういった女性の考えに拍車をかけているのだと思います
    女性を低賃金に追い込んでいる元凶である 配偶者控除や 三号年金は 法改正のとき まっさきにやり玉にあがるのに 一向に改正しないのは 権力を握っている既得権益層が反対するからだしねえ。。
    んで 彼らの妻たちも相対的に専業主婦が多いしなあ・・
    彼らは絶対 自分らの不利になるような法律は作りませんからね
    でもその世代の方々(団塊世代前後の方々)が この世を去った時に
    また別の価値観の社会になり 法改正があって 男尊女卑の意識が変わることを望みますよ。。
    まあ、、でも この国の男女平等なんて 日本は北欧に遅れること 100年くらいかかるんじゃないの?
    以前テレビで見た 一夫多妻OKの国 サウジの日本企業で働く現地女性は働いて自分のお金ってモノを稼げることが とてもうれしいとおっしゃってました。(うまれて初めて仕事というものをしたそうです・・)
    やはり いちいち おカネのことで男性にお伺いを立てるような生活は別の意味で苦しいでしょうね。。 

  6. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/01/29(水) 22:01:57 ID:589fc6ab0

    >nanaさん
    正直言って私の父の話でお恥ずかしいのですが、
    テレビなどを見ていて酷く女性蔑視の発言をします。
    腹立たしいのですがスルーしないと喧嘩になるので、気分は悪いですが無視しています。
    私の世代が70代位になった時には、もう少しまともになっていると思いますよ。
    私もブログで男女の事を色々ネタにするかもしれません。
    女性を蔑視するつもりはないのですが、そう取られる事を書いてしまうかもしれません。
    そういう時は指摘していただければいいかと思います。
    あと私は一夫多妻でも、一妻多夫でも、男2人+女3人でも、ぼっちでも
    色々な家族の形があってもいいなと思っているので
    所詮人間が何かの都合で決めたことだから、それについては変えてもいいかなという考えです。
    善し悪しは難しいですね。長年の積み重ねで一夫一婦になっているのだから、何かいいことがあるのでしょう。

  7. 名前:kk 投稿日:2014/01/30(木) 08:40:31 ID:589fc6ab0

    日本では、結婚=永久就職という感覚が強いようですが
    もっとシンプルに好きになった男と女が
    より自由に、ふたりの話し合いで一緒に暮らし
    子供を産み育てることができる事実婚が増えるほうが
    より現代の実情に合っている(少子化対策も含め)と思います。
    ちなみに米 英 フランス スウェーデンの事実婚率は40~50%に対し
    日本は2%程度ですから・・・
    日本の結婚制度は中身が伴わず、形骸化していることが、未婚率や熟年離婚の増加で証明されているようなものだと思います。

  8. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/01/30(木) 13:29:20 ID:589fc6ab0

    >kkさん
    そうですよね。
    もう既に結婚という制度では追いつかなくなってきてますよね。
    単純に好きだからくっつくで良いと思います。
    離れる場合、子供の問題があるかとは思いますが、
    子供は普段はステップファミリーで過ごし、
    日曜だけ実の父の家で過ごすとかそういった感じでも良いと思います。
    世の中の大半がそうならば、子供に悪影響は無いのではないかなあ。
    むしろ色々な家族の形が見られて偏見とかなくなりそうな気もするし。