早期リタイア生活者にとってのブログって

はまっていたSPECドラマ版は最終話まで観ました。

最後、あの人が…。

たしかに椎名桔平が演じる津田はどういうことだか解りませんでした。

面白かったですよ~。

ただ、リタイア生活ってこんな感じで娯楽を消費しているだけでいいのかね~とも思うけど、ゲームをやっていないだけでまるで学生時代のような生活です。

あの頃はネットがなかったし録画機もずっと持っていなかったので暇でした。ゲームに飽きたら池袋西部の本屋に行っては筒井康隆で読んでない本を探して読んでいましたが、もっと為になる本でも読んでおけばよかった。

学生時代はまだ大学に行かなければという焦りがあったけど、今は何もなーい。

試験もなんにもなーい。

せめてブログでも書いて生産的なことをしている気分になっておこう。そういう何もしない自分へのエクスキューズ的な意味もあったのね。リタイア生活者にとってのブログって。