解約のしやすさ

数日前auがクレームに応え解約のWebページを分かりやすく作り直したニュースがあった。白地に矩形の枠線で表したボタンのみ、みたいなもの凄くシンプルな画面だ。

7,8年前だが、スカパー!を解約した時にとても大変だった記憶がある。今は知らないが当時はネットで出来ず、結局電話で色々とやり取りがあって解約を申し込み、最終的には解約申込みの書類を郵送しないと解約できなかったのかな。(間違ってたら申し訳ありません。)

無職生活になる際に年会費が掛かる不要なクレジットカードを数枚解約したが、電話でカード番号をプッシュし、解約する番号を押すだけでokと以前より楽になっていた。

解約させない様に解りにくくしているのだとしたら、お客さんを繋ぎ止めるという意味では成功していないだろう。自分は解約する手間を考えるとスカパー!には二度と加入しない。(提供されるサービスは好きだっただけに残念) HuluやTSUTAYA DISCASを解約(停止)した時はとても簡単だった。これならまた再入会しても何時でも簡単に解約できるから入会する心理的な抵抗は少なくなる。

ちょっと話は飛ぶが、海外に行くと特に日本人はぼったくり価格を提示される事があると聞く。その国で受ける印象として良いはずがなくリピーターになる気はしない。日本人は甘いのだろうし、貧しい国は各個人ではそこまで考える余裕がないのかもしれないが、せめて国や自治体など大きな単位では、また来てもらってお金を落としてもらうという発想をして欲しい。

企業の人、長い目で見て頂く様お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ