「オレンジ」という漫画と通勤が嫌だという話

タイトルの「Orange」という漫画が松本市内の本屋ではかなりのスペースを割いて陳列されていました。公式サイトで試し読みをしてみましたが、舞台が松本市という設定で作者の高野苺という人も市内在住らしいです。(少女漫画ですよ)

内容は、未来から自分が書いたらしい手紙が来るのですが、好ましくない未来が待っているので何とかそれを防いで欲しいというSFチックな取っ掛かりです。

image

作者が地方在住ということですが、以前なら最初は東京に出て頑張り、ある一定の地位を築いて大御所になってから地方に退いてやりたい仕事だけをするみたいなイメージでしたが、現在は職種によってはどこでも仕事ができるのでいい時代になりました。

漫画家の場合は元々が在宅勤務のような働き方だと思いますが、サラリーマンも通勤が大変なので可能なら在宅勤務がいいなという人も多いと思います。(9時5時の業務形態が、9時に家を出て5時に家に戻れるということなら通勤もいいかと思うけど…)

満員電車は最悪だけど、地方の車通勤だって渋滞が酷い時に合わせるから結局かなり早めの出社とならざるを得ないし、時間に余裕があっても渋滞はイライラするものですよ。カーステで朝からテンション上げて歌うしかないw。逆に本でも読めればいいなと思ったけど運転しているから無理だし。

店員とか運転手とか元々その場にいないと成り立たない仕事は別ですし、在宅勤務に関しては様々な意見があるだろうけど、例えば私がやっていたプログラムの仕事でいえば、仕様ががっちり決まってあとは“力仕事”だけとなれば、どこで仕事をしても構わない気がします。(ここでの力仕事=考えることは不要で時間をかければできる作業。簡単だけど大量のプログラミング作業とか、漫画家でいえばネームが決まってあとは描くだけの部分かな)

一年中在宅勤務(請負のSOHOでなくテレワークの方)というのではなくとも、打ち合わせが終了し残りは決まった作業をすれば良いなど、PCさえあればどこでも仕事ができる様な状態が整えば、通勤時間を排除する選択をするのは賢明ですね。移動する際のエネルギーの削減や道路・電車内の混雑緩和にもなり、資源をセーブするという意味では地球全体のためにもなるでしょう。

ただクリエイティブな仕事だと、アイデアは日々の雑談から生まれたりするので、そういうフェイズでは顔を合わせることも必要だという意見はあるかも。(いい習慣とはいえないが喫煙室の無駄話で新機軸が出てくることがある。変更や新規の話など結果だけ伝えられても喫煙室に縁が無い人は何のこっちゃとなる)

しかし今ではLINEのグループとかがその代わりなのかもしれませんし、何か思いついたらメールなり社内LAN上のチャットや共有スペースに書き込んだりしておけばいい話だと思うんです。在宅勤務中でもスカイプ等で世間話をするのも可能でしょうし。

どっちみち集中して作業しているプログラマに話しかけることは厳禁なので、実際は会社にいても話しかけて欲しくはないんですけどね。ソフト専業じゃない会社にいるとそんな訳にもいかないので。

なので常時ということでなくとも、可能な職種や時期・期間など選んで徐々に実現していけばいいような気がします。報酬はソフトウェア一本いくらとか原稿一枚いくらとか、元々が仕事時間の長さでは測れないようなものに限定されそうですが。(それを進めていくとランサーズみたいな形態になってしまい単価が下がっていくということかなあ) 会社としても個人のデスクスペースが少なくて済むなら、その分の部屋代が浮くのだからそれはメリットなのですよね。

しかしちょっとググってみただけでも在宅勤務には多々問題点があるみたいで、ネット関連の会社はむしろ在宅勤務に消極的なところもあるみたい。

働く側とすれば、
品質を高めようと凝れば時間がかかり長時間の作業になってしまう。必要な残業が発生しても会社としては管理できないため時給換算するとあららな事態に。とか。
見られていないとサボってしまう人はそもそもが向いていない。など。

考えるとやはり請負のような形態でないとそもそもが成り立たないのか。通勤は無くなるが、それ以外、自分を管理し仕事を適切に進めるのはむしろかなり大変で、相応の能力が必要ということではあります。

ある社員が種類作成に三日間かかる。通勤時間が無駄だからその間だけ家でやりますって感じなら良さそうな気もするんですが、どうなのかなあ。

まあ会社帰りに誰かを誘って飲みに行きたいから在宅勤務はやだって人もいそうですが。(車通勤だとそれもない)

ちなみに冒頭で話題にしたオレンジという漫画に出てくる場所はここじゃなかろうか。イラストのように桜の時期じゃないのが残念ですが。

image

IMG_20150815_110750-1-1

松本城が表紙の第4巻はこれ(これだけ地元ネタ書いてると松本推しウザいと言われそうだなm(_ _)m)

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

現在更新中の「うっかりやっちゃうブログ」もどうぞ

読んでいただきありがとうございます。

このブログは更新を止めており、新しいブログへと移行しております。もしよろしければそちらもご覧下さい。

error: Content is protected !!