能古島に行ってきました

昨日は何かやる気がなかったのですが、今朝起きたら天気も良いし「能古島(のこのしま)」でも行ってみるかと思いつきました。

能古島は福岡市西区にある博多湾に浮かぶ島で、10分ほど船に乗ればいけるため以前より行ってみようと思っていたのでした。

思いついたら即行動ということで、お茶と帽子と念のためWiMAXルータをリュックに入れチャリで渡船場まで出かけます。マリノアシティ近くの「のこ渡船場」という場所で島への渡し船を待つのですが、人も多く数十人は一緒に乗る人がいるようです。

姪浜待合所
のこ渡船場です。姪浜旅客待合所とありますね。市内から出るバスは「のこ渡船場」行きと書いてあるので、それに乗れば辿り着けます

運行状況
運行状況

フラワーのこ
この船で行きます。フラワーのこ

運賃は大人往復460円でした。自動車や自転車も乗り込めるのでチャリで乗り込めば良かったかもと後で気が付きました。

到着し「のこのしまアイランドパーク」へ向かいます。ここは景色が良く、花も綺麗でマリーゴールドがたくさん咲いていました。春の菜の花や桜と秋の秋桜の時期は入場者が多いようですよ。ここは入場料が1,000円かかります。うさぎ、ヤギもいるよ。

マリーゴールド
向こうに見えるのが志賀島とそれにつながる海の中道だと思います

緑と博多湾
緑と博多湾越しに福岡市内が見える

アイランドパークを一通り周遊し、パーク内の耕ちゃんうどんでつるつるの「のこうどん」を食べ、お決まりの西鉄バスで戻りました。

耕ちゃんうどん
ここで能古うどんが食べられる

のこうどん
うどんは超シンプル。冷たい暖かいを選べますが、これは冷たいの。725円

島の旅客待合所の前におばさんがやっているちょっとした店がいくつかあり(のこの市)、「のこバーガー」を食べて元気をつけたところで付近をうろうろします。

バーガー店

のこバーガー
これがのこバーガーですがうまいです。450円。トマトなのでモスっぽいか

ちょっと歩いたら「能古博物館」という看板があったので行ってみました。途中、一瞬ですが森に入るような感じになるので、どこに迷い込んだかと不安になりますが、緑から海と福岡市内の風景が見え気分がリフレッシュ出来ました。何となくイライラしていたのですが、やはり緑に触れるのは重要なようです。

船の時間になったので戻って乗り込みます。帰りは小学生が沢山船に乗ってきました。島の小学校に通う生徒がいるのでしょうね。

今日は緑の中で天気も良く綺麗な風景も見えスッキリとした一日でした。それぞれのスポットについては、またちょっとずつ続きを書きたいと思います。

渡船場から市内
島の渡船場から福岡市内を見たところ

追記:
能古島アイランドパークへ行ってみたの記事
能古島おまけの記事
能古島アイランドパークのうさぎの記事
姉妹ブログの能古島(のこのしま)でのこうどんとのこバーガーの記事

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『能古島に行ってきました』へのコメント

  1. 名前:パルタ7 投稿日:2015/05/22(金) 20:48:40 ID:df34bd5ca

    こんばんは。
    能古島に行ったんですね。私も地元福岡に住んでいた頃、もう40年以上前になりますが、高校の野外学習か何かで能古島に渡ったことがあります。今でも能古島アイランドパークが営業しているんですね。いや~、本当に懐かしいです。ちなみに、福岡出身のシンガーソングライターの大御所・井上陽水の古い曲に「能古島の恋」というのがありました。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/05/22(金) 21:06:43 ID:3a05e24ae

      >パルタ7さん
      アイランドパークやってましたよ。いいところです。バスが1時間に1本あるので時間を見とけば十分使えますし。
      陽水のその曲は知りませんでした。福岡県出身だから何か島に思い出があったんでしょうね。