来月、福岡で部屋探しをする予定です

よく大人買いって言うじゃないですか。漫画を全巻一気に買うとか。住みたい土地あちこちに住むなんてその最たるものですよね。広い意味で。大人にならないと難しいしある程度お金が必要です。しかも仕事をしていると難しいという。

移住関連話の続きですが、12月上旬に福岡に渡り、部屋探しをしてみようと思います。

転勤や何かの事情があるわけでもないので、特に行く必要はないっちゃあないんだけど、ただ色々な場所に住んでみたいということだけで動いています。移住といっても永住するかどうかはその時の気分なので、超長期の旅行をしているんだというイメージなのかもしれません。

リタイアする金も十分に無いのにマジで引っ越すのかよ、と思う方もいると思いますが、その気になってしまったみたいです。親が元気なうちにというのもありますし、いざとなれば働けばいいんですよ。

自分の中で他に住んでみたい場所といえば、街並みが美しい札幌、ある意味海外にいる様な気分になる那覇、そしてもう少しの勇気があればバンコクやペナンなど東南アジアの都市です。行ったことはないけれどね。(シンガポールはあるよ)

博多駅と反対側
これは福岡タワーから西(博多駅や天神と反対側)を見た所。海が近い所がいい

往路の飛行機とホテルを二週間分予約しました。初めはマンスリーマンションの見積もりを取ってみたのだけれど、ホテルを予約した方が安くあがりました。(ただホテルは土曜日が高いのしか残っていないため予約せず、漫画喫茶かカプセルを探すつもり。なければ24Hの店で夜明かしになりますな)

マンスリー(ウィークリー)マンションは、部屋自体は安くても水道光熱費や管理料、退去時の清掃費用などを含めると、長期にならないとメリットが出ないですね。ホテルもかなり安い所を選んでいるので。(ホテルは土曜を除いた12日間で50,000円、マンスリーは62,500円程でした。しかもホテルは早めに決まればキャンセルして戻ってもいいですし。宿は3箇所に分けて取ったのですが、もっと安くする事も可能でした。最後の数日間は多少マシな宿を取ったのです。)

予定として、最初の数日は普通に不動産屋を回って探してみます。それで審査を通過して決まればもうそれでいいですし、保証人が必要とか契約が面倒だったり難しそうならUR賃貸を借りる事にします。

マリゾン
長いので旅行の時の写真をもう一枚貼っておきます。これはウェディングアイランドマリゾンっていう所なのさ

福岡のURは築年数を経た物件はかなり古いもので2DKの4万円台からありますが、平成に入ってからの比較的新しい綺麗な物件もワンルーム(といってもかなり広めで12畳とかある)で5万円位からあり、家賃前納方式で借りてしまおうと思ってます(一年分から)。

URを借りた場合は家賃が想定より高めなので、引っ越し後に再度不動産屋を回り家賃3万程度の部屋を探して移りたいですね。もちろん前納した家賃は戻ってきますので問題はありません(電話確認しますた)。そしてとんこつ屋wのバイトを探して月に数万円でも稼げればいいなと思っております。

家賃前納にしようと思ったのは、まとめて払うと家賃が割引になるのと(期間途中での退去は割り引かない金額で日割り計算されちゃいますが)、銀行が発行する残高証明書の期間が、URでは日付より7日過ぎたらもう有効と認めてくれないということなので、有効期限が過ぎちゃう場合があるなという理由からです。まあ現地支店で依頼して実家に届いた書類を郵送してもらってもいいのですが、手数料が860円位かかるし、前納して中途で退去した場合も特に損にはならないとのことなので。

UR賃貸で空き部屋がないとか、場所が不便であまりにも古い物件しかないなど借りたい部屋が無い場合は、最終手段として悪評高いレ○パレスの門を叩いてみましょう。(レオパ○スもあんだけあちこちにあって住んでる人がいるんだから平気でしょ)

それだけやって借りられずに戻る羽目になったら、福岡は縁がないという事なので諦めるかな。単なる二週間の旅行になってしまいますね。

部屋が決まったら、年末年始は避けて一月中くらいには引っ越しですかね。寒い時期の引っ越しなのでつらいですね(引っ越し屋がね)。

ま、どこに住んでも自分は自分なので同じっちゃあ同じなんですけどね。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ