事情はあるだろうけれどまとまって安全な場所に住めないものか

こんばんは。こういう災害がある度にこういうことを考えるものです。

私の住む長野県は山が多いので地滑りのニュースはよくあるのですが、今回はテレビを見たら広島で土砂崩落、多くの方が亡くなられるという大変な事になっていました。

自分は今引っ越そうとアパートを探しているのだけれど、意外と山際に家賃の安い広めないいアパートがあり、これにしようかなと思う事があります。でも例え生まれてから今までそういうことが起きていない場所でも、全くの山の際というのは、もし何か起きたらと心配で躊躇します。

日本はこれから人口が減っていくのだから、そういった危険な場所にある住宅から、徐々に都市部へ移動できないものでしょうか。もちろん住宅地をローンを組んで購入したり、畑があるので動けなかったり、生まれた土地で愛着があったり、様々な事情で移動したくない方も多いでしょう。

私などあまり自分の生まれた場所に愛着はないので拘る気持ちはありませんが、先祖代々の土地を離れないという感覚も、それはそれで普通の事だと思います。

長野県は特にそうかもしれませんが、現在はすごく山の奥まで舗装された道路があり人が住んでいます。私はそういう自然の多い場所は動植物に返して、人間は都市部に集まって住めば良いのではないかなと思ったりするのですが、これはおかしい考え方ですかね。

田畑など農業に従事する場合は、やはり耕作地の近くに居住する必要がありますが、熊や猪が山にいられず住宅地に現れることもあるので、もうちょっと人間の居住する区域を狭めてもいいような気がします。

第一その方がインフラが効率的です。道路も短くて済むし、学校の分校など少なくて済むし(即ち公務員数が削減できる)、例えば郵便局とかその他の支店とかも少なく、公共交通機関も使え自家用車の所有も減らす事が出来るし、効率的に経済的に暮らせると思うのですが、そういうわけにはいかないのでしょうかね。(効率的になり失業者は増えてしまうかもしれませんが、そこはワークシェアするとかね)

限界集落が叫ばれる昨今ですが、限界集落に人を戻そうという動きが見受けられます。限界集落は放棄して都市部に集まって暮らすという考え方はいけない事なのでしょうか。

例えば長野県は人口が200万人程度ですが、札幌市が200万人だし福岡市は150万人程度なので、長野県なら長野市、松本市と盆地のある場所に同規模の都市を構築し100万人ずつ暮らすとかそういう考え方です。ちょっと長野県の場合は平地が狭すぎるし、今度は田畑が作れなくなるとか問題有りかもしれませんね。田畑を伊那や飯田方面とか何処かに集約することも出来るだろうけど、その土地土地で出来る作物がありますからなかなか難しいですね。まあ例えです。

でも山の中に住みたいとかそういう考えを否定する気はないし自由だけれど、昔とは気象が異なって現在は異常な量の降水があったりするのだから、今後は徐々に危険な地域の住宅は移動していく事も必要じゃないでしょうか。人口が減っていくのだから、わざわざ危険な山を切り開いた場所に居住する必要はないような気がします。

この考えが行き着く所はSF小説の様なドームシティなのですよね。それもどうかと思うけど、せめて土砂崩落が発生したら本当に危ない山の際、そこには住まないようにしていく方がいいのではないでしょうかね。救出隊の二次災害など本当に不幸な事ですから。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『事情はあるだろうけれどまとまって安全な場所に住めないものか』へのコメント

  1. 名前:バッタモン 投稿日:2014/08/21(木) 20:06:18 ID:84e8f6fcf

    何を隠そう私が住んでいる実家もあんな所です。
    あそこよりもまだ悪いかも?
    何せ平均傾斜が30°位ですから。
    良く今で持ったものです。
    あれぐらいの雨が降ればおそらく私の実家も崩れるでしょう。
    すでに、がけ崩れ危険地区に指定されています。
    大雨の降る日はいつもひやひやしてました。
    逆に今まで持ってくれてありがとうと思っています。
    もうすぐ引っ越しです。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/08/21(木) 20:54:42 ID:2abb3b93c

      >バッタモンさん
      多分、今までの気候なら大丈夫だったんですよね。
      しかし、まとまった量の雨が短時間に降るから本当に最近は恐ろしいです。平地でも家に浸水とかあるけれど、斜度のある土地の場合は命に関わるから怖いですね。自然にはかなわないので気を付けて下さいとしかいいようがないけれど、引っ越し無事に済むように祈ってますよ。

  2. 名前:nana 投稿日:2014/08/21(木) 21:06:32 ID:5b29de698

    今月の「田舎暮らしの本」の特集は 移住したい場所で一番人気が高い 長野県ですよ~
    都会の人は 海辺よりも 山間部での暮らしにあこがれがあるのですかね?
    (田舎住みなものなので そのへんがよくわかりませんが)
    しかし きのうからの土砂災害のニュースを見て 山のふもとに住む危険性をひしひしと感じましたね
    その山が花崗岩かどうか?ってことも 山間部に移住するかどうかのポイントかもしれません
    実際 台風の影響を本州よりもまともに受ける南九州、高知には花崗岩の山はあまりないようですし、地滑りがあってもここまでひどくはないし。。
    ほんとう 今年のお盆は雨ばかりで 明日からの地蔵盆も どうやら雨っぽいです。。
    なんか 西日本は実は梅雨明けしてないんじゃないかい?って気もします

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/08/21(木) 22:42:26 ID:2abb3b93c

      >nanaさん
      おお、今月号は長野県ですか。情報ありがとうございます。じゃあ見てみますね。
      しかし長野県は夏は結構暑くてそれ程爽やかってわけでもないし、冬はかなり寒いですからねえ。私はやっぱり海に憧れちゃうけど、長野県でも涼しいような高地に住むと、そこは危険な場所な可能性も高いわけで、やはり都市部の平地は地震さえ無ければ基本的に安全だから都市部の方が住むにはいい気がしちゃいます。でも名古屋、大阪ってすごく暑い気がしますけど…

      今年は特に台風の影響もあって九州から高知から中国地方西部の辺りがずっと雨が降っている印象があります。昨年の大島の地滑りも大変大きな災害でしたし、もうほんとにどうなってるのって感じで嫌になりますね。

  3. 名前:招き猫の右手 投稿日:2014/08/21(木) 21:32:18 ID:bb64c8ef8

    そう思いますよ。
    もっと効率よく集住すればいいと思います。
    僕なんて愛着もへったくれもないからどこにいってもいいです。
    ただし、集中するということはリスクも集中しますから、これ以上東京への集中はやめたほうがいいと思います。
    現状の日本は東京で何かあったら国が倒れるくらいの状況でしょう。
    ドイツのような各都市分散集中型がいいですかねえ。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/08/21(木) 22:43:00 ID:2abb3b93c

      >招き猫の右手さん
      そうなんですよね。集中するとそこで地震など起きたら被害が増えるわけでまた難しいですね。
      東京周辺で人口の4分の1位は集まっているわけだから、もっと200万超の都市が各県とかあちこちにあればいいなあという感じがします。
      それぞれが個性的な都市になれば面白そうなんですけどね。大阪とか十分個性的ですし。