カテゴリー:書籍

6/7ページ

僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない

日本人は貧乏から脱出して豊かになった。 でもじつは、この国は、一人の稼ぎで食わせられる人間の数をずっと減らしてきただけなんです。 働く=就職ではないし、もはや大企業や流行の会社に就職出来たとしても、十年後にその企業が存在するかも分からないです。 貨幣経済から評価経済へ。自分が評価するものに価値をおく。ネットを介してそういうものが見いだしやすくなりました。評価経済のイメージを例えるなら、ブラック企業では貨幣経済での利益ばかりを求めて評価経 […]

久しぶりに駅前の本屋に行ったら「あの虫大全」という本が平積みになっており、精神的に大きな衝撃を受けた件

こんばんは。たまには長いタイトルにしてみようと思ったものです。すんません。 あの虫と言うのは、私に実家を出る事を決意させた(もちろんそれだけじゃなく親といるのにストレスを感じる様になったのですが家を出る理由にし易かった事は確か)皆が嫌いな黒い虫の事です。 ちょっと絵が描いてあるので手に取るのも嫌なのですが、周りに人がいなくなってから右手だけでパラパラっとしてみました。びっしりと何かあの虫について書かれていて、見るのも嫌な図も書いてありま […]

「思う」「感じる」「考える」を使わない

こんばんは。暑さがぶり返して本を読む気にもならないものです。 久しぶりに新書を眺めていたら、文章の書き方で「思う」「感じる」「考える」を少なくしようとありました。 これは常々思っていた事で、ブログ中でも「~だと思います。」という書き方をよく使ってしまいます。じゃあ一体どういう風に書けば良いの?となるので例を挙げてみます。 「勉強がしたいと思う。だから学校に行こうと考える。」と書いてしまうことは多いです。これを「勉強をする。だから学校へ行 […]

ハリポタ好きっす

こんばんは。離婚した時にハリポタの本は元嫁の家に置いてきたのですが、BookOffで10円で売っていたので全巻買い直してしまったものです。(最後の方の巻はもっと高かったかな) ハリポタ好きとか言うと馬鹿にする人もいるんですけどね… ファンタジーがダメって人も結構いますね。私はホラー以外ならSFでもファンタジーでも何でもokです。(時代物がちょっとあれか) もう十年以上前ですよね、ハリーポッターが発売された当時から好きで読んで […]

ポジションを取れ!

こんばんは。ポジションといっても投資の話じゃございません。もちろんチンポジでもないです。(いかん、またふざけた) この前読んだ「採用基準」という本にあったのですが、人間として成長?というか人生を充実?させるためには(ちょっとニュアンスが異なるかも)、賛成・反対などのスタンスや、自分自身の物事に対する考え方、意見などを明確にしろということです。 これはリーダーシップを執る人には特に必要で、ポジションを取るということは責任をとるということな […]

採用基準

大分前、働いていた時に買っておいた本を徐々に消化していて、今日やっとこれを読んだ。 マッキンゼーだゴールドマン・サックスだと偉そうで自分には全く縁もゆかりもない世界だが、そこでの経験や考え方が書かれていて大変興味深い。最近はこういうの興味ないから読まずにブックオフかなと思っていたけど、読んでみたら意外と良い本だった。細かい内容は姉妹サイトで。 こういう本は、これからバリバリと仕事を頑張っていく若い人が読めば良いのではないかな。もしくは役 […]

ニート、引きこもり、退職関連本を処分

こんばんは。最近ちょっとマンガ熱が高まってきたものです。 またブックオフに本を持っていき処分しました。63点(内DVDが7つくらい)で4,250円になりました。 ニートや退職関連の本などを処分しようとしたのがきっかけです。もう実際に退職したし、そういう本にメンタル的な後押しをしてもらわなくても大丈夫になったという事でしょう。その手の本はもう興味が無くなってきて自分には不要という事です。 今後は多分純粋に娯楽のためのミステリーとかSFとか […]

地元の本屋が拡張されていた

こんばんは。旅行に行くと本屋に立ち寄ってしまうものです。 本って読まなくても、書店に行くだけでも楽しいですよね。 地元の本屋に行ったらレイアウトが変わっていて、何だ何だどこだどこだと思っていたら、空いていたビルの上階に別の本屋が参入してきたようです。今までの店舗で漫画があった場所から漫画が全てなくなっていて、上階に大きな漫画専門店が入り、漫画コーナーと中野のまんだらけっぽい店になっていました。(行った事ないけど) TSUTAYAや普通の […]

小説を読む時のあるある

こんばんは。実はミステリー小説とかを読んでも犯人の見当が全くつかないものです。 ミステリーとかその手の小説を読む時のあるあるなのですが、ああいう物語って大概主人公の名前が普段使わないような漢字で書かれていて読み方が難しかったりします。 例えば、喬子(きょうこ、喬子女王で「たかこじょおう」ってのもいるらしいですが)とか、難しい字でなくとも何となく読めないものもあります。私の漢字力のせいもありますけどね。皆そんなに漢字を勉強してるかな? ふ […]

B型が虐げられる現状を打破しようとするほのぼの漫画

こんばんは。部屋で何か音がすると虫か!と思ってびくびくしているものです。 まあ大の男が血液型の事なんて…とお思いでしょうが、実は高校生の時に原体験があったのです。いつもの仲間6、7人で家で溜まっていた時ふと血液型の話になりました。一人を除いてみんなB型だったのですね。別の一人はO型でした。 その時に、みな不思議な感覚に襲われました。こんなに人数がいてみんなB型なんてどういうことだ。B型は日本人の2割しかいないし確率的にはあり […]

1 6 7