ついに「ごまさば」を食べてみました

赤坂(東京のじゃないよ、福岡だよ)からちょっと歩いた所の博多ごまさば屋という店で、「ごまさば丼」900円をいただきました。店は昭和通り沿いで、赤坂駅と天神駅の間に位置します。

 
ごまさば屋
こういう感じのお店。奥にカウンターもあって一人で入りやすい(私の基準は一人で入りやすいかどうかだからw)
 

「胡麻鯖」という料理の種類もあるし、「ゴマサバ」という鯖の種類もあるらしい。

ネットを見て食券のシステムだから行ったんだけど(食券だと食い逃げを疑われないのでチキンな俺は気が楽なのだw)、店の前の食券機は使用不可となっていて、普通に中で注文する様になっていました。

なぜかと思ったら、値段が変わっていたのだね。食券機では780円となっていたごまさば丼が、メニューでは900円となっていたのでした~。あれれ、やられた。(値段は修正すればいいから食券機が壊れてるのか面倒なのか)

しかし、3と8の付く日は『鯖の日』なので、サバ関連のメニューは100円引きだそうです。

しょう油、味噌、塩の三種類の味付けがあるらしい。私はしょう油で。これはうまくて癖になるけど、鯖が生ってのにはやっぱりちょっと抵抗があります。でもうまい。

店の真ん中にはセルフの漬け物などがおいてあってありがたいです。しかし毎日一時間以上は歩いているのに、腹が出て来たような気がするが、そこんとこどうなのか。こうやって食べ過ぎなのか。体重はほぼ変わってはいないのだが。

 
ごまさば丼
こういう感じで運ばれてきます。左のお茶と漬け物はセルフ

ごまさばアップ
ごまさばアップ
 

サバの話ですが、サバは基本的に煮る焼くなど火を通すか、酢でしめますね。鯖はすぐ悪くなるからというだけでなく、アニサキスという寄生虫がいるので生で食べるのは危険なのです。

しかし福岡や長崎など九州では鯖を生で食べる習慣があります。

福岡ではなぜ鯖を生で食べられるかというと、以下のページによると、寄生虫が身に寄生するタイプではなく内蔵に寄生するタイプなので調理段階で廃棄されるとありますね。そういうこと考え始めると生では食えない…

http://matome.naver.jp/odai/2142240523141259901
https://twitter.com/T_T18/status/559362660618084352/photo/1

またアニサキスは-20℃以下の極低温で丸一日以上冷凍すると死滅するようです。(私の親がよく買ってきたしめさばは冷凍されていたものでしょうから大丈夫なのですね。長野だし。アニサキスは酢では死にませんが、5秒レンジでチンしても死滅するという話です)

レンジでチンで死ぬという話は(本当かどうかは知りません)、この本を紹介していた人のブログに書いてあったのですが、これに書いてあるのかな。私は読んでないけど。

気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ