ブログに当たり障りのない事しか書かなくなったわけ

定期的に読んでくれる人は私の性格などある程度分かってお付き合いしてくれていると思うのですが、検索でたまたま一つの記事を読んだ場合、そこで気に入らないことがあれば嫌味なコメントをしてくる人がいます。

何かを主張するとどうしても反対意見はあると思うので、気に入らなければそれこそ公共の電波ではないのだから読まなければいいしスルーすればいいのに、わざわざ人の気分を害そうとするコメントを画像認証の文字まで入力して送ってくる意味が分かりません。

主張でも何でもないPerfumeの記事でさえ、「はぁ、無職でおっさんでPerfumeって…ぷっ」みたいなのもありました。(もっと嫌みったらしかったのですが、上手く再現できません。そう思っている人も多いかもしれないが別に放っておけばいいでしょ)

まあそんなにたくさんの人が読むものではないので、最近はそういうのは全然来ないです。そういうのが頻繁に来るわけじゃないけど、速攻削除するって決めても読まないわけにはいかないので、もし来れば気分は悪いです。

建設的な反対意見は貴重で勉強になる事もあるので気分を害するということはないけれど、自分はもう成長とかしなくてもいいので正直言うとそういうのも要らないです。別の見方をきっかけに、自分なりに調べたり考えをまとめたりするのは良い事だと思いますし、ブログをやる意義の一つであるかもしれません。

でも、もうそういう事もいいんです。死ぬまでただ自分なりに楽しんで人に迷惑かけずひっそりと暮らせればそれでいいんです。

コメント欄を閉じればいいのだけど、それではせっかく以前からコメントしてくれている人達との交流もなくなってしまうし、新しく興味を持って書き込んでくれる人もいなくなってしまうのでブログをやる意味が薄れてしまいます。

あと、本当に人と関わらないとストレスが溜まらないので毒が抜けていますね。だからこれといって世の中に文句を言うようなことも少なくなったという理由もあります。やはり私の場合、ストレスの大半は他人から受けるということだと思います。

単なる悪口は読んでいても気分が良くないですが(読まなければいいだけだから書くのは自由です)、本来はいい感じにその人の暗部みたいなものが出ていた方が面白いですからね。

気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ