ここ数年で興味を失ったもの

ここ数年で興味を失ったもの

それは二十歳の頃からずーっと見続けていたカーレースのF1です。今年もF1が開幕して既に数戦が終わってしまいましたが、全然結果を知りません。

昔はセナ、プロスト、マンセルと個性派が揃っていました。長年続けて開幕のオーストラリア市街地コースを楽しみにしていたものです。

自分にとって、面白くなくなった理由はいくつか考えられます。

F1画像

・レギュレーション(ルールですな)が下らなすぎます。安全のためならいいのですが、一つのチームが頑張って何かを開発すると、強すぎてつまらんから禁止だとかなんじゃそりゃって感じです。

・しかもそのレギュレーションが毎年ころころ変わりすぎなんです。例えば一定区間だけパワーを上げられるとかウィングを動かせるとか複雑すぎます。

・大分前からですが、コース上の抜きつ抜かれつよりも、ピット戦略だとかで順位を上げるというレースの本質から外れた事になっていました。(ガソリンが軽い状態で相手よりピットに入るのを数周遅らせ、そのタイムラグで逆転する戦略)

・年間のレース数が増えすぎるなど商業主義が行き過ぎています。やはり開催してはいけない国でやっちゃダメ。(運営、マーシャルなどが不慣れで危険)

・楽しくもありましたが、引退したシューマッハやライコネンが復活するなど何でも有りで訳分かんなくなりました。

・チームがなくなったり、馴染みのないチームが出来たりと変化が激しすぎて、これもついて行けなくなりました。

・ドライバーの名前が難しすぎて覚えられません。昔は簡単だったのに。

・一時期、日本関連のチーム、タイヤが撤退、ドライバーなどが全くいなくなってしまった。

それに今は地上波でも放送しなくなってしまいましたね。BS等では見られるようです。今宮さんと川井ちゃんは今も解説を続けているのでしょうか。ちょっと懐かしいです。

やはりF1など、はっきり言うと欧州の都合で運営されているのですね。日本が強いと自分達の都合のいいようにルールを変えたりするのです。彼らは日本に対して金だけ出して口は出すなというイメージが私には残りました。欧米に憧れたりしている時代はとっくの昔に終了しているのです。

これからは既存の欧米が創った仕組みに加わっていくのでなく、アジア発で(反日の国は避けたいね~)、例えば東南アジア辺りと組んでこういうイベントや世界の中の仕組みが創れないでしょうか。彼らは精神的に我々と近そうですし、これから発展していく地域でしょうから、色々と面白いことが出てくると良いなと思います。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ