自分の文章はくどくて長い

自分の文章はくどくて長い

このブログを書いていて、自分の文章は毎回長いなと思います。

仕事でソフトウェアの仕様書やヘルプを書いていた時の癖か、分からない箇所が出ないように、細かいことをくどくど説明してしまうのです。

小学生の時、読書感想文など作文を書かされる機会が多々ありました。自分はそれが苦手で、何を書いたらいいのか全く分からず、結局あらすじを書いて、最後の数行だけ、「何々で面白かったです」という全くつまらない作文を書いていた記憶があります。

また、日誌では先生に「自分を見つめ直して書きなさい」と言われ、それがどういった意味か分かりませんでした。その頃の日誌には、「今日は何々をしました。ちゃんちゃん。」と、出来事だけが書かれていた筈です。

今、大人になり、自分の心情や置かれている立場での考えなど、日々くだらないことを書いて、しかも公開しています。内容は新しくも斬新でも革新的でもなく、他の人には大して意味のないことです。しかし、あの頃に比べると、よくこんなに長々と色々書けるもんだなと自分で思います。(文の上手い下手はおいといて)

今はどうだか知りませんが、感想文など小学生に原稿用紙何枚分書け、と枚数を指定するのは止めた方が良いのではないでしょうか。マスを埋めるためにどうでもいいあらすじを延々と書く羽目になります。そんなことを書かせても意味がありません。

長さに関係なく、思ったことを思った文字数で書けば良いのでは? マスを埋める作業がなくなり、本当に自分が考えたエッセンスだけが書けるのではないでしょうか。(また二転三転して長くなってしまった。)

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ