室内テントでわくわく感と、ムカデなどの虫対策

虫対策の蚊帳があまりにも室内の場所を取るので一人用のテントに変更してしまいした。(また何をやっているんだか)

もしかしたら学生時代のキャンプ経験は、この時のためにあったのかもしれないとか思いつつ、amazonで4,189円でした。テントにしては安価ですが、また要らない物を買ってしまったかも。(絶賛使用中ですが)

届いた状態
届いた状態。箱と袋のまま

内容
内容はというと、左からテント本体、ポール(テントの骨組み)、ペグ(地面と固定するための釘状のもの)、フライシート(テントに被せる雨風除けの屋根)。室内なのでフライとペグはやらなくてもokですね。キャンプ気分を出すならばフライを張っても良いかと思いますが、こちらはペグを打たないと張れないか…

ええ、普通はテントなど不要だと思いますよ。しかーし、ムカデやGなど超虫嫌いで、夜出そうで安心して眠れないよという人には多分良い解決方法じゃないかと思うんです。とりあえずテントの中には入ってこない。数千円で安眠が買えると思えばね。

子供と一緒になど複数で眠る場合はもっと幅のある大きめのテントを常設するか、広い蚊帳にした方がいいかもしれませんね。

テントを広げた状態
テント本体を広げた状態。スペック上では200mm×110mm

テントはグランドシートもつながっている仕様です。袋状です。従ってファスナー部を開けなければ貴方の嫌いな虫は侵入不可なのです。ドーム型なのでポールで引っかけて持ち上げるだけで一人で簡単に設営可能です。

ファスナー部分は蚊帳よりテントの方が頑丈でしょうね。長持ちしそうです。ただ蚊帳と異なり全面がメッシュでは無いので、熱がこもって少し暖まります。もちろん上部はベンチレーション用のメッシュ構造になってはいますが。

設営した状態
設営した状態。上部とサイドの黒い部分がメッシュ状になっています

テント内部
テント内部

また一人用の幅の狭いテントにしたので室内の設置面積はかなり少なくて済みます。シングルベッドとそう変わらないかちょっと幅がある程度でしょうか。蚊帳は幅が狭いタイプを見つけられなかったんですよね。高さもありましたし。但し真っ直ぐ脚を伸ばすと身長がそこそこある人なら頭や足がテント生地に触れてしまいます。

蚊帳をたたんだ状態
今まで使用していた蚊帳をたたんだ状態。どうやってもこれ以上小さくならないので袋に収納できましぇん

蚊帳

テントと比較すると蚊帳はこんな感じの設置状態でした。比較的小ぶりなものを購入したのですが、高さも幅もあり室内空間を圧迫します。

テントのインナー部分(フライ無しの部分)底は200mm×110mm×高さが120mmとスペック表にありますが、実際は200mmはなさそうです。(測ると数センチ足りない感じ) 私は丸まって寝るからいいけど、テント地は斜めになっているので脚を伸ばすとテントにあたってしまう。

しかし子供心が抜けていないのか室内テントは気分的に楽しいです。わくわくします。電気は室内灯のリモコンをテント内に持ち込んで消灯していますし、停電用に懐中電灯も枕元に置いています。

眠る時に床に直だと背中が痛いのでマットレスをグランドシートの下に敷いています。ただフローリングにこのマットレスだけだと経験上硬かったので、銀マットをマットレスの下に敷いてあります。何だかな~。

銀マット
フローリングに銀マットを敷いてマットレスを敷き、その上にテントを置いている状態。テントの中は狭いのでマットレスは入らない。好みによってマットレス二枚とか敷き布団の上にテントを乗せるとか。

銀マットはホームセンターやスポーツデポ等で580円とかで売っているので安いですよ。キャンプ気分を味わいたいならテント内に置いてシュラフで寝れば良いかもしれません。私はマットレスが下に敷いてあるので、テント内部はベッドパッドだけを敷いて寝ています。

設営した状態横から
設営した状態を横から。内部にベッドパッドを敷いて掛け布団も入れてしまった後

また虫対策とは関係ないのですが、貧乏対策も念頭にありました。家賃の関係や何らかの事情で非常に小汚い部屋にしか住めない場合、室内を更にテントで仕切ることにより(意識の持ちようで)テント内部だけは快適空間にできるのです。

想像して下さい。部屋をキャンプ場だと思えば、トイレなどキャンプ場のぼっとん便所よりましなのではないでしょうか。もしかしたら風呂なんて部屋に無くても構わないかもしれません。将来ホームレスになった時の練習になるような気もしますが、テントって勝手に張るわけにはいかないので意外と困るのですよね。

今回はこちらのテントを使用しました。これを書いている時点で4,189円です。

こういう真面目に変なことをするシリーズを今後やってみたいなあ~

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『室内テントでわくわく感と、ムカデなどの虫対策』へのコメント

  1. 名前:ガラスのセレブ 投稿日:2015/06/04(木) 21:51:06 ID:1067d8291

    秘密基地完成おめでとうございます(^^)

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/06/04(木) 23:42:17 ID:fd3e15340

      >ガラスのセレブさん
      まさしく!それですね。

  2. 名前:kako 投稿日:2015/06/05(金) 07:33:54 ID:57aeb4fce

    私も虫駄目ですが半端じゃないですね。今こちらのテレビでやっているリアリティショーがすごいのです。毎回いろいろな国、カンボジアのジャングル、ルイジアナの沼地、アフリカの砂漠、インドの山奥、、、そんなところに男女一人づつが水無し、食べ物無しで
    21日間を過ごすのです、、、しかも二人とも素っ裸(靴も無しで)中には病気になって
    一晩中吐きそのまま病院へなんてケースもあります。空腹、渇きに耐えかねて汚い水を
    飲んだり蛇や虫を食べて生き延びるのです。サバイバルナイフと火を起こす石みたいなのはいただけるのですが。最初はみんなまず火を起こすところから始まります。そしてテントを作って竹を切って汚水を入れてお湯を沸かし飲み水を作ったりするのですが、沼地の時は大変でした。そこいらじゅう蛇が泳いでいたり遠くにはワニもいるしで。私はいくらいただいても駄目です!

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/06/05(金) 08:43:48 ID:6d89fefcb

      >kakoさん
      そちらのリアリティーがあるものは凄そうですね。しかし最低でも靴は欲しいですね。パンツは葉っぱとかで作るのかな。いや~私も絶対無理です。
      は虫類は子どもの頃、うちのじいさんが蛇を捕まえて皮を剥いで焼いて食べたことがあります。自分は食べなかったと思うけど虫じゃなくては虫類の方が全然食べられそうです。虫は形があれば無理だな~。極限状態ですね。

  3. 名前:とうとう55歳 投稿日:2015/06/05(金) 08:08:07 ID:dee06e851

    まだ6月初めですが、実際にムカデやGはでたのですか。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/06/05(金) 08:44:33 ID:6d89fefcb

      >とうとう55歳さん
      今の部屋は出てないです。敷地内とエレベーターで死んでいるのは見てしまいました。
      実家は5月と9月頃にムカデやヤスデが数回ずつ出るんですが、今年も出たようです。真夏に一旦収まるのが不思議。

  4. 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/06/07(日) 13:51:01 ID:5df1bff8e

    真面目に答えると、
    前から読んでいれば分かると思うけど、福岡にしたのは一人じゃない可能性があったからでしょう。