移住候補地(国内で温暖)を追加

以前よりちょくちょく書いていて、しかも将来の話ですが、ぼんやりとどこか別の所に住んでみたいなという希望があり、その土地の賃貸情報を見たりして妄想しています。

一度は那覇近辺に住んでみたいのですが、福岡、札幌(寒いけど)も良いなと思っています。それに加え移住先に良いのではないかなと思った街がありましたので追加します。

宮崎市、松山市です。共に気候が良さげで、人口も40万人から50万人とそこそこいるので、病院や図書館など各施設の心配はなさそうです。

ウィキペディア情報ですが、ちょっと備忘録的にまとめてみます。

宮崎市(宮崎県) 人口40万人
年平均気温は18℃前後。年降水量はたいてい2,000mmを超え多め。
空港があり、東京、大阪、名古屋、福岡、私の好きな那覇にもに就航している
民放は2局しかないらしい。
台風の影響多し。
積雪ほぼ無し。
スポーツのキャンプが張られるのはやはり温暖か。

松山市(愛媛県) 人口50万人
瀬戸内海式気候で、年中温暖(年平均気温:16.1℃)で降水量が少ない。
空港があり、東京、大阪、名古屋、鹿児島、私の好きな那覇にもに就航している
公共交通が割と便利らしい。路面電車がある。
民放は4局あり。
Perfumeの出身地、広島に行きやすい。(じゃあ広島がいいじゃん)
あ~ちゃんの新しいラジオ番組が聞ける(radiko.jpプレミアムに四国のFM放送局が無いですね!)

仙台も寒さに目をつむれば住みやすいと聞くし、静岡、千葉、高知辺りも、冬は暖かそうで良いと思いますね。静岡は地震来る来ると言われているのでちょっと躊躇しますが、実際に冬も暖かくて良いな~と思った記憶があります。(今は信州だから、東京でも十分暖かいのです。慣れちゃうと寒いのですけどね) 徐々に候補地巡りの旅をしたいと思いますよ。

まあ温暖といっても、冬に朝方の気温が氷点下になる日が少なければ十分です。それに海無し県民なので海が近ければ嬉しいですね。大都市は人が多く疲れるので避けたいのですが、極端な田舎も避けたい。でも賃貸物件が安いことは必要条件かな。

ちなみに美食家ではないので、あまり食べ物にはこだわり無し。なので美味い名物とかはなくてもいいです。でも基本的に物価が安いほうが嬉しいですね。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『移住候補地(国内で温暖)を追加』へのコメント

  1. 名前:アーベル 投稿日:2014/04/06(日) 11:31:03 ID:337b66eed

    こんにちは。
    仙台は夏涼しいです。本州の日本海側よりよほど涼しい。最高気温30度前後で熱帯夜がないのもGOOD。しかも冬は雪がほとんど降らない。平野が広く農業生産が盛んで大人口を養うことが可能ですし、都市の広がりも見込めます。温暖化で東京が住みづらくなったら仙台が首都になってもいいのではと考えています。

    ところでいま東京を除いた日本全国で空き家が深刻な問題になっているそうです。山梨など空き家、空き室率が20%にせまるとか。高齢化の進行とともにこの傾向は止まりようがありません。いま日本では空前の借り手市場になっているようで、空き家バンクなどはこれからますます増えていくでしょう。結構移動のオプションが増えそうで楽しみです。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/04/06(日) 13:21:26 ID:95e25ffd7

      >アーベルさん
      こんにちは。
      仙台は学生時代の先輩が出身で話を聞いていたので、その頃からいい所なんだろうなというイメージがあります。実際に訪れたことはないのですが、転勤族の評判も良いですよね。
      仙台と長野なら仙台の方が暖かい位かもしれないと天気予報をみてよく思うのですが、長野は内陸で夏は結構暑いですし(夜は気温が下がるのでそこは良いのですが)気温の変化(日較差や年較差)は仙台の方が少なく住みやすそうです。
      あの虫の問題を考えると有力候補です。

      空き家のことですが、山梨はそんなに空き屋が増えてるんですね。
      私の従兄弟も実家を離れ、父親が亡くなってしまったので母一人です。従兄弟が母(私の叔母ですね)を自分の家に呼ぶ事を考えていて、そうすると実家がやはり空き家になります。売却できればすればいいのでしょうけど、何しろ田舎なものでどうなるか。
      空き屋バンクは私にとってはありがたい制度です。私に貸してくれるならぜひ活用したいです。