貧乏と食糧不足

食糧不足になったら虫を繁殖させて食料にするみたいな話を聞いた事がありますね。いい蛋白源になるそうです。現在でも虫を食べる国はあります。

まあ虫の形のままでは抵抗があるから粉にして、ハンバーグとかつくね的になっていれば知らずに食べられるかもしれないけど、昆虫だと思ったらぞぞっとします。見るのも嫌なのに食べるなんて勘弁して欲しいです。

自分は長野県民なのですが、長野県ではイナゴ、蚕のさなぎ、ざざむし、蜂の子などを食べる習慣があります。でも若い人はほとんど食べないと思います。

蜂の子は高級品なので通常は食べませんが、イナゴ(佃煮にしてある)は普通にスーパーでパック詰めされて売ってますよ。見かけるとげげっとなります。うちの親は旨いとか言って食べますし。(蜂の子も缶詰で売ってます)

なるべくなら食べずに済ませたいものです。でも将来食料価格が高騰することがあれば、あまりお金を使わずに生活する身としては安価で栄養が取れる方を選択しないといけません。そんな時代が来ない事を祈ります。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『貧乏と食糧不足』へのコメント

  1. 名前:sm 投稿日:2014/02/06(木) 10:53:48 ID:589fc6ab0

    虫を、食事は
    今後は、もっとメジャーになるよ
    食糧不足だし
    イナゴも、つぶして、ポップコーン
    みたいに、したら食べれそう

  2. 名前:アーベル 投稿日:2014/02/06(木) 11:32:34 ID:589fc6ab0

    稲作以前の日本の縄文時代は狩猟や採集の国でした。動物、魚、木の実、野草とか食べていたみたいです。でも虫を食べていたという話はなかなか聞かないなあ。
    虫を食べる習慣はないみたいですね。
    昔小学生の頃亡霊学級という漫画を読みました。その中に周囲の食べ物がすべて虫になりやむなくそれを食べ続け最後には自分が…、というような話がありました。子供のころのトラウマ図書です。

  3. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/02/06(木) 13:20:22 ID:589fc6ab0

    >smさん
    培養した人工肉とかなら気分的にまだマシな気がします。
    すり潰して色々混ぜて分からないようにして食べるんでしょうね。
    やだな~。
    >アーベルさん
    楳図かずおの漂流教室なら読んだけど亡霊学級は知りませんでした。
    検索したら恐怖新聞を書いた人ですね。
    なかなか、恐そうな気持ち悪そうな漫画ですね。
    長野県はいつからイナゴ食べ始めたのかな~。
    海の幸がないからかな。

  4. 名前:nana 投稿日:2014/02/06(木) 15:45:27 ID:589fc6ab0

    イナゴの佃煮。。ふつうにスーパーで売ってるってのが凄いですね^^;
    このイナゴは食用に繁殖させているのかな?
    小魚みたいに丸ごと食べるから微量な栄養素も補えそうです
    しかし・・食べた感触とか・・どんなかんじなんでしょう?
    こないだ某番組で愛媛の蜂の子の炊き込みご飯とか映していたけど・・
    そのまんまの姿を見るといくら小さい昆虫でもギョッとなりますねえ。。しかし 蜂の子は耳の病気にもいいらしいし・・。
    そういえば ナメクジも何か 効用があるって聞きましたね。

  5. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/02/06(木) 19:48:12 ID:589fc6ab0

    >nanaさん
    色は佃煮の茶色ですが、普通にトレーにラップがかかった状態で売ってます。
    よくよく見たことはないので、値段は知りませんけど。
    でもそうですよね~。仕入れはどうやってるんでしょう。
    今でも田んぼが残っている所では取りに行ったりしますけど、
    沖縄のハブみたいに、とって持っていけば買い取ってくれるとか?
    うーん、分かりません。
    私が子供の頃ですが、手ぬぐいで作った袋にイナゴを取ってきて、
    そのままお湯が沸騰してる鍋にどーんと入れてしまうんです。
    生きてるまま袋を開けたら家中が凄いことになるでしょうね。
    ちなみに私は食べたことがないので感触は分かりませんよ。