アレがいないのは、長野県、北海道

嫌いな人は申し訳ないです。アレというのは名前を出すのもはばかられる(ハリー・ポッターのあの人みたい)、皆が嫌いな黒い虫の事ですが、Yahoo!の検索で、「アレ 退治」という検索語が極端に少ないのが、長野県と北海道なんですって。(ソースはコメントを参照)

温度の関係で屋外では越冬できないので、そういう面では東北も少ないのでしょうけどね。

実際に信州に住んでいる私は、子どもの頃一度見ただけで、実家でもアパートでも自分が建てた家でも全く見かけませんでした。学生時代、東京に住んでいた頃は、ぼろいアパートの為か夏はしばしば見かけることがあり、冷や汗が出てフリーズしてましたね。ただ長野県でも退治する道具はホームセンターなどで売っているので、全くいないということでもなさそうです。

以前より暖かい場所で暮らしたいと思ってますが、アレが苦手な私がそのことを重要視すると、移住先は温暖な場所でなく北海道になってしまいますね。もしくはこのまま信州にある実家にいた方が良さそうです。

夏の旅行時にも見かけたことがないのですが、沖縄では大きいのが飛んでくるっていうし、それを考えると躊躇してしまうなあ。まあ小さいやつならそれ程恐くないんですけどね。たまに出るくらいなら、それを我慢しようと思えるだけの魅力もあるし。

お金があって清潔な建物の高層階に住めれば、遭遇する確率は低くなるのでしょうけれど、年金生活に入って月に十数万で暮らそうとすると、出る部屋しか借りられないっぽいわー。

いやー、苦手なのにこれを読んで思い出してしまった人、本当に済みません。忘れて下さい。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『アレがいないのは、長野県、北海道』へのコメント

  1. 名前:nana 投稿日:2014/01/25(土) 21:31:15 ID:589fc6ab0

    ご●●り のことかな?
    へ~、日本中 っていうか 世界中どこでも居ると思ったけど。。^^;
    なんでも人類が滅んでも この生き物だけは生き残るとか むかーし 聞いたものでして。。
    ねずみと一緒で 一匹見つけると その背後に一体 何匹いるのやら。。
    そういや こちらも田舎なんで 夏にはイタチが車に突進してきたと思ったら 今冬はときどき家の周りにも出没してますよ。。
    田舎でも 山に近い里では 鹿やイノシシにも遭遇しますしね・・
    そういう意味で田舎舎暮らしも 虫や小動物 野生動物が苦手な人は むずかしいと思います。。

  2. 名前:正吉 投稿日:2014/01/25(土) 22:44:43 ID:589fc6ab0

    あの方ですね。
    僕も寒い地域にいるので存在を忘れていました。
    あの方が飛びまわった日にゃぁそりゃぁもう大変な騒ぎになるわけで。
    僕は、あの方をクワガタ採りに行った時に間違えてつかんでしまったことがあって、その時はもう・・・。
    どしてあの方はあんなに小さいのに、あんなにコワいのでしょ?

  3. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/01/25(土) 22:52:45 ID:589fc6ab0

    >nanaさん
    うわぉー、そうです。ミスターGの事です。
    冬眠しないので気温が低いと越冬できないらしいですよ。
    ただ今は家の中が暖かく、引っ越しの荷物に紛れてきたりして、
    寒冷地でも越冬してしまうことがあるらしいです。
    田舎暮らしは、特に農業などする場合は、Gでなく、
    色々な虫がいますから、そういうのがダメだとできませんね。
    私の地元も熊が駅に出たりとか、笑っちゃいますが、実際遭遇したら笑えません。ホント。
    鹿も増えて降りてくるので、駆除するのですけど、
    せめてジビエ料理で食べて命を無駄にしないようにした方が良いですね。
    >正吉さん
    そうです。あの方です。
    ほんと、何故恐怖を覚えるのでしょうね。
    クワガタと思えば大差ないと思うのですが、不思議です。
    「テラフォーマーズ」という漫画があるのですが、
    火星でGが繁殖して進化して人間と戦う話です。
    気持ち悪いけど面白いですよ。

  4. 名前:アーベル 投稿日:2014/01/26(日) 11:39:28 ID:589fc6ab0

    こんにちは。
    東京の自分の居る所では去年の夏大量発生しました。お蔭でいつ果てるともしれない戦いを展開する破目に。食物はすべて冷蔵庫で保管する。侵入されそうな穴を布テープで塞ぐ、発見したら殺虫剤で動きを封じて、チラシに巻いてダンベルで平べったくなるまで…(←ここがポイント)。目標を捕捉した場合直接に殺虫剤を浴びせるのではなく、やや側背を狙って台所の角の逃走路の確保が困難なトラップスペースに誘導してとどめをさす等、戦いを経るうちに戦術面も大幅に向上しました。向上なんかしたくないんですけどね(^^)。しばらくしたら出なくなりました。殲滅作戦が完了したしたという感じでしたが歓喜も達成感も皆無でした。
    一方自分の実家の方は家の窓や入口を開放していてもほぼ出ません。自分も子供の頃より見た記憶がほとんどないです。出たとしても薄い茶色で大きさもそれほどでもありません。動作ものろいのでかわいげも多少あります。一方東京にいるやつは、信じがたいほど巨大で俊敏です。東京に来て初めて遭遇した時など戦慄しました。
    関東より西の地域では総じて虫がでかい。おまけに冬以外は常に出ます。以前静岡の山の方に行った時12月にも関わらず羽虫が普通に飛んでいるのには驚きました。ついでに蜂もいました。神奈川県では民家があるところまで蛭が出てきているそうです。
    自分も温暖な地域に住むにはどうも虫がネックにになって二の足を踏んでしまいそうです。居住する前にしばらく滞在して十分モニタリングをしようと思っています。

  5. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/01/26(日) 13:46:48 ID:589fc6ab0

    >アーベルさん
    大変でしたね~。お疲れ様です。格闘ぶりが目に浮かびます。
    自分は学生の時、アパートが古すぎて根絶させるなんて考えられませんでした。
    新聞紙でアタックしてましたが、叩き潰してからの処理も恐怖です。
    茶バネの小さいやつはまだそれ程でもないけど、黒くてテカったやつは戦慄を覚えますね。
    温暖な地域に住むには確かにネックになります。
    でも長野県だって他の虫はいますからね。蛾とかゲジゲジっぽいやつとかカメムシとか、
    そういうのは田舎の方が多いでしょう。
    仕事で転勤ならそんなこと言ってられませんし。
    移住で色々調べてたら、ふと目についてしまってネタにしてしまいました。
    ネタ元になったソースを貼っておきますね。
    地域検索のマップから
    http://searchblog.yahoo.co.jp/2009/07/post_115.html
    アース製薬に聞いた話(注意:小さい写真あり)
    http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2009/09/post_376.html

  6. 名前:招き猫の右手 投稿日:2014/05/06(火) 10:05:54 ID:671ae4998

    僕もGが大嫌いです。
    しかし、ならば、、長野は天国じゃないですか!

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/06(火) 12:02:10 ID:c4dc647aa

      >招き猫の右手さん
      そう、だから移住しない方がいいのかもしれませんが、寒いし田舎なので、どうせ寒いなら札幌や仙台の方が面白そうだなと思うんですよ。