アパートの鍵借ります(無職賃貸続報)

こんばんは。映画「アパートの鍵貸します」を思い出して、そのパロディをタイトルにしたものです。映画は見てないけど。

とある日の午前中にアパート探しで部屋を見に行き、「これでokです。申し込みます。」ということで申し込みました。まあかなり古いですが実家よりは綺麗だしなんとか住めるでしょう。久しぶりに実家以外で古いボロ屋に住むなあw。

保証会社に保証人があった方がより確実という事で、後期高齢者の父親に申し訳ないと思いつつもお願いし名前を使わせてもらいました。

午後、保証会社から私に電話連絡があり、家賃等の確認と本人確認がありました。いつ頃退職したか、前職の話も聞かれました。

その直後、保証会社から父に電話連絡があり、保証人になることへの確認がありました。これは不動産業者から電話がいきますよという話はありました。

夜に不動産業者から連絡があり、保証会社の審査に通りましたので契約書類を準備しますという話でした。家賃は保証会社の審査がokなら、1年分まとめてとかではなく毎月の支払いで問題なしという事です。(以前、無職だけど家賃はまとめて前納可能という条件で借りられるか?ということを書いたので)

結局、今回の場合は無職でも親を頼って保証人(保証会社への保証人です)になってもらいました。保証人がいない場合や、保証会社によって審査が通るかどうかは全く分かりませんのであまり参考になりません。ちなみに通帳の残高証明なども提示する必要はありませんでした。

今回にしても家賃が高額ならダメかもしれませんし、申し訳ないのですが本当にケースバイケースだと思います。ただクレジットの与信情報を得られる様な保証会社でなければ自社の基準なので、そこで過去にトラブルがなければ大体はokだという話もあります。

色々やってみてダメなら、この前書いたようにUR賃貸を使えば仕事や保証人は不問ですので、そうするしかないのかもしれません。ただUR賃貸は都市部にしかないので田舎に住みたいとかいう場合は使えないのが難ですね。

今回は敷金礼金ゼロゼロの物件なので、不動産屋への手数料と火災保険の料金があればいいとの事です。あとは前家賃ですかね。他は不要でした。

思ったのですが、将来札幌や福岡などの遠くへ引っ越したいなら、今回は家電付きの部屋を借りても良かったかもしれませんね。遠方なら冷蔵庫や洗濯機などの大荷物を引っ越しで運ぶより、現地に行ってから調達した方が安くなるような気がします。そうなると引っ越す前にリサイクルショップなどで処分しないといけなくなりますもんね。

まあ家電付きといってもこの辺りではレオパレスくらいしかないのですが、ネットではすこぶる評判が悪いので避けていたのですけどね。最近は割と音対策もしてるみたいだし、今回借りたアパートだってどうせ似たようなものでしょうから。(今回借りた方が家賃が安いけど)

最終手段として、200とか300万で売られている激安マンションを買ってしまうという手もあると思いますが、あれは修繕積み立てと管理費があるから、その金額にもよりますよね。保有している間は払わなければならないし、修繕積み立てが値上げされる事も十分あり得ますので。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ