実家に甘えていることへの言い訳

会社を辞めてから、いい歳をして心苦しいけれども実家に甘えています。(あまりお金をいれずに飯を食わせてもらってます)

いや一人で暮らしても全然いいし、むしろ自宅売却はするとしても、安アパートに引っ越した方が良いかなとも考えていました。

結婚するまでに実家で暮らしていた時は、毎月5万円ですが入れていました。今は教育的効果を考える年齢でもなく、実質食費などが足りていればお金は入れなくていいよ、と言うのでその通りにしています。今のところ灯油が高くなったので暖房費として少し渡しただけです。

考えると、子供は何歳になっても親にとっては子供なのですね。やはり一人っ子なので甘やかされているし、逆に自分もそれを利用して楽をさせて貰っていると思います。

精神的には実家に寄生するより、貯蓄を切り崩しながらも自分で家賃を払っていた方が楽だけど、むしろ親の方が戻ってこいと嬉しそうだったから… という大義名分でしばらくは実家にパラサイトします。

いや、でも父親のくだらない話や、何度も同じ話を聞くのは結構ストレスですわ。
スルーしてると怒るし(-_-)

正直言って、やはり一人の方がいいですね。全て自分でコントロールできるので。でも家賃+食費などの月々数万円を温存することができるので、これは大きいですよ。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ