実家の狭さが分かる恥ずかしい画像

実家の狭さが分かる恥ずかしい画像

引っ越しで、さんざん実家が狭いだの古いだの文句を書いてきたのですが、今までの家と比較できる画像を載せてみます。

これが、
my_room1.jpg

こうです。だいぶ落ちぶれました。

上に映っているソファも持ってきていて、その横の隙間から撮っている状態です。初めはこの6畳間が段ボール満載でした。幾つか棚などを分解したのでスペースを確保できました。

テレビやその台は同じものですが随分大きさが違って見えます。20畳が6畳ですからね。壁も若い頃たばこを吸っていたのでヤニっぽい色になってしまってます。本はかなり処分してきたものの置ききれず、階段や隣の部屋にまで侵出してしまいました。空気清浄機も大きく感じ邪魔になっています。

妙に存在感のあるマスプロアンテナが郷愁を誘いますね。絨毯やこたつは同じものですよ。

まあでもしばらくはここに引きこもって?暮らすことになります。もうボンビー感漂う部屋にも慣れてきたのでそれ程文句はないし、ただで住まわせてもらっているので色々言ったらバチが当たりますね。

「起きて半畳、寝て一畳」だし今までの様に一人で広い部屋を使うという贅沢な考え方も徐々に変わってきました。ここでどれくらいの日々暮らしていくのでしょう。親がいるうちは一緒にいようと思っていますが(飯の時間しか顔はあわせないけど)、亡くなって自分一人になったら何処か別の場所で暮らそうかなと思います。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ