実家の寒さ

実家の寒さ

コンクリート造の集合住宅と比べて、やはり一軒家は寒いですね。

自分は戸建てを建てたことが2回ありますが、新しい家で断熱材をしっかりと使っても、やはり戸建ては寒いです。吹き抜けとか作ったら暖房費がかなりかかりますね。

集合住宅で回りを囲まれている事のメリットの一つは暑さ寒さの影響を受けにくい事です。(大きなデメリットは騒音問題ですね)

新築の家でペアガラスにしたり、ウレタン吹きつけの断熱にしても寒いのですから、築40年経った実家の寒さは半端ではありません。最近の家みたいに断熱が良くないのですきま風も入ってくるし、新しい家のように全館空調みたいな考えはないので風呂とか洗面所とか寒いですね~。

実家に戻ってから居間しか暖房していないので歯磨きタイムが寒いです。トイレは小さなセラミックヒータで何とかいけますね。でも寒さにも段々と慣れてきて(半分諦めて)それなりに過ごせる様になってきました。ぼろい家でもただで住まわせて貰っているので、こんな感じで十分です。

あと別の話ですが戸建てで面倒だと思うことは、草むしりと近隣との付き合いです。田舎はこういう所が嫌ですね。町内会の仕事があるなど、これは単身者には特に嫌な事ではないでしょうか。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ