自転車のリングロックの鍵の抜き差しが、抜き差しならぬ状態に

自転車のリングロックの鍵の抜き差しが、抜き差しならぬ状態に

以前より愛車チャリの鍵の抜き差しがスムーズにいかなくなってきて、二分間くらい押したり引いたり悩むことがありました。自転車置き場でガチャガチャやっていると自転車泥棒と間違えられそうで嫌でした。

鍵はよく後輪についているのを見かけるリングロックというものです。中が錆びたり何か詰まったりだと思いますが、自転車の鍵が壊れたんだけどどうすりゃあいいのって悩みです。

リングロック
 

潤滑油を挿してみようかなとと思ったんだけど、鍵が油っぽくなるのは嫌で、それをポケットに入れたり持ち歩くのも嫌です。

なのでどうしようかなと思ったのですが、以前より自転車に乗る時に鍵を持ち歩くのが面倒だったこともあり、数字で合わせる形式のチェーンロック(ワイヤーロック)に替えました。チェーンロックは700円程度のものを購入。

リングロックを買って付け替えても良かったんですけど、鍵を忘れて部屋に取りに行くことが多々あったので…。こちらは千円位はするようです。
 

リングロック

チェーンロック(ワイヤーロック)

元々愛車に付いていたリングロックの方はプラスドライバーで外しました。抜きにくいとはいえ、どこかにチャリを停めた時に万が一鍵を外されたらロックがかかってしまいますから。

外したリングロックは鍵が刺さったまま、いよいよ抜けなくなりました。捨てるしかない。
 

今回は他に良い方法はなかったのでしょうか。

1.元のリングロックが修理可能なら修理する
2.リングロックを付け替える
3.チェーンロック(ワイヤーロック)に取り替える
4.自転車屋に聞いてみればすぐ直ったかもしれん
5.ワイルドに鍵なんていらねーぜ
6.サドルに鳥糞シールを貼って盗難防止対策

これくらいしか思い浮かばない…

リングロックで数字形式の奴があったよ~。これの方が良かったかな。