リタイアを意識してから長く働くのは難しかった

こんばんは。私の場合はアーリーリタイアではなく、ただ単に会社が嫌で辞めただけだよな~と思うものです。(でも再就職する気がないからリタイアでいいのかなあ)

私の場合ですが、リタイアを意識した時点で既にそこそこ会社が嫌になっていたので、それから長く働くのは難しかったです。ウン十年計画で、コツコツと資金を増やしたり貯めたりしている人は尊敬します。

自分の過去をふり返ると、最初の離婚をした時点でリタイアに向けてコツコツと資金を貯め始めればよかったと思います。そうすれば二度目の結婚をする時はもう少し慎重に考えたかもしれませんし、車やインテリアにお金をかけるなど無駄な浪費はしなくて済んだと思います。私は夜の街や飲みに行ったりしないので、私なりのストレス解消がそういうお金の使い方だったのでしょう。

まあ結構給料はもらっていたので一人暮らしでそこそこ使っても毎年数百万円ずつは残りました。ただリタイアという頭はなく、ローンを組んで家を買ってしまいましたので、それがいけませんでしたね。買うとしても中古で安価な戸建てを現金で買うようにしておけばよかったです。それか何もせず普通に賃貸で暮らしていれば、資金的な余裕も今よりはかなりマシだったと思います。

Hawaii1
関係ない写真シリーズ。HONOLULU ZOOが結構好き

そもそもリタイアを意識したのが会社を辞める数年前です。その時点では55歳までは働こうと思っていました。そうすると家のローンを返して、更に年金支給まで月々15万円位は使えるかなという皮算用でした。管理費はかかるものの家賃やローンがなければ、それだけあれば食べてはいけるだろうと踏んでいました。(まあ年金がどうなるかは知らんけど、もらえないとなれば暴動を起こします)

リタイアを意識しても初めのうちは仕事もまだ大丈夫でした。資金を計算しながら毎月10万、20万と増えていくので貯める事が段々と楽しくなってきました。貯め始めると使い方も変化します。維持コストの高い車はやめてコンパクトカーにしたり、徐々にですが節約意識が身についてきたんですね。服も全然買わなくなりましたし、もっと早くに貯め始めればよかったなと思ったものです。

でも全く個人的な持論ですが、若い時に使うお金って歳をとってから使うお金より、同じ1万円でも価値が高いと思うんです。若い時に色々な経験を買うというか、初めて経験する事が20代と40代では後々の人生での役に立つ度合いが異なる気がします。ギャンブルなどで浪費するのはあまり意味がないかもしれませんが、それでも遊びにでもお金を使って、若い頃に色々経験しておく事が後の人生で役に立つ事はあるのではないでしょうか。いわば自分への投資は若い頃の方がいいのでは?と言い換えられると思います。

Hawaii2
関係ない写真シリーズ。ワイキキのホテル群ですな

ちょっと脱線しました。結局私が仕事を続けられなくなったのはプログラミングという仕事の内容がドラスティックに変化してきたからだと思います。もちろん既に会社の姿勢というかそういうものには疑問を持っていて、内心憤慨することは多々あったのですが、それだけだったら我慢できたかもしれません。でも頭がついていかず仕事自体がこなせなくなってしまう恐れが非常にストレスで(まあ頑張ればこなせたとは思うのですが)、精神的にモチベーションもだだ下がりだったのですね。

まあそれで精神的におかしくなっていき結局は辞めたのですが、やはりリタイアを意識してから仕事のモチベーションは下がりました。あと何年かすればこの会社からいなくなると考えてしまうと、頑張って会社を発展させようとか利益を上げて自分も恩恵に与ろうとか、そういう考えはなくなってきてしまうのですね。それで会社の仕事の為の新しい技術を覚えようとする「やる気」も下がってしまったと思います。

Hawaii3
関係ない写真シリーズ。真珠湾。アリゾナが沈んでいる。写っているのはミズーリかな。やはり日本人が行くと肩身が狭い

なので早期リタイアを考えている人は、普段はなるべくリタイアの事を考えたり、資産のシミュレーションなどはしない方がいいかもしれません。シミュレーションが励みになればいいのですけどね。シミュレーションして俺はもういつ辞めても食っていけると思えば、会社にいても気楽にはなるのですが、その分尊大な態度にもなるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『リタイアを意識してから長く働くのは難しかった』へのコメント

  1. 名前:北のきつね 投稿日:2014/05/21(水) 21:05:18 ID:3d8b7327f

    すごく良く分かります。
    僕は今46歳ですが、最初は50歳でセミリタイア、と考え始めたのが3年前。
    そのきっかけはあまりにも理不尽極まりない人事異動でした。
    50まで何とか耐えよう、という目標がどんどん前倒しされて、
    結局今年の夏に辞めることになりそうです。
    よって、年金まで逃げ切るには1人暮らしではちょっと心もとないんです。
    だから実家に帰るんですけどね。それも築35年くらいでかなりガタがきています。

    今は5年前に買った、不必要にバカでかいミニバンに乗ってますが、
    次の車検で軽に乗り換えるつもりです。
    他にも、今思えばただの浪費でしかない出費って、結構ありましたね。

    今はまだ辛い毎日ですけど、秋以降のことを考えると楽しくなってきます。
    それが今の僕を支える唯一のモチベーションです。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/21(水) 22:06:57 ID:d0caf1ce0

      >北のきつねさん
      実家が築年数いってるという所まで似たような境遇ですね~。
      私も50歳までは最低でも頑張ろうと思ってました。でも精神をおかしくしてしまったら元も子もないし、辞めるのも仕方なかったなと思います。
      じゃあ、あともう少し頑張れば、という状況なのですね。退職したら色々やりたい事はあると思いますし、ゆっくり休めばいいと思います。私もそうですが半年位すると段々暇になってくるかもしれませんよ。なかなかお金を使わずに楽しむというのも難しいかもしれませんが、時間はあるので色々出来ると思います。

      • 名前:北のきつね 投稿日:2014/05/24(土) 07:18:41 ID:6cc2e1156

        そうですね。今の仕事が一段落する夏まで、ホント、あと少しなんですよ。
        でもそれまでは心身ともに本当にきつい日々になります。特に精神的に・・・。

        やりたいこと、そうですね。いっぱいありますよ!
        今はとても行ける余裕は無いけど、釣り!
        道具はすでに揃ってるので以外に金はかかりません。

        映画大好き人間なんですが、今は気持ちに余裕が無くて
        映画を楽しむことすら難しくなっているので、
        見逃してきた映画の数々をゆっくり見たいですね。

        ちょっと勉強したいこともありますし、
        あとは両親が元気なうちに旅行とか、少しでも一緒に思い出作りをしたいですね。

        で、十分リフレッシュできたら、貯金が減らない程度の収入が欲しいので、
        もう正社員やフルタイムはうんざりですが、ちょっとは仕事がしたいと思います。
        投資とか、そっち方面には疎いもので・・・。

        • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/24(土) 08:04:34 ID:ad53c394d

          >北のきつねさん
          退職すると告げてから会社に行かなくてよくなるまで1ヶ月以上はありましたが、その期間が結構辛かったです。なので有休をちょくちょく入れながら通っていました。ラストスパート適当に流す事が可能ならばそれでいいと思いますよ。
          私も投資とかには疎いので、バイトでもするしかないかなと思っています。(雇ってもらえるかは不明ですけどねぇ)多分しばらく休めばしっかりと気力も回復すると思います。

  2. 名前:招き猫の右手 投稿日:2014/05/21(水) 23:16:12 ID:0ecd86e2b

    私もこの3月くらいにリタイアを意識して、ブログを始めましたが、それから仕事のモチベーションはダダ下がりです。
    いつでも辞めよう、辞めたらどうしようかな、ということばかりに意識がいって、仕事に身が入りません。
    あと少しは働いていたいので、このモチベーション低下をどのようにコントロールするかが今の重要課題です。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/22(木) 07:36:09 ID:8562887ac

      >招き猫の右手さん
      ブログちょくちょく拝見してます。
      やはりモチベーションは下がりますよね。
      私はいっそのこと首にしてくれないかなと思ってました。会社都合と主張できるし。

  3. 名前:アーベル 投稿日:2014/05/22(木) 00:23:06 ID:8044c5d90

    こんにちは。
    変化の激しい業種というのは一般に、一線で働けるうちは高い収入を見込めるがついていけなくなったら捨てられる、またはしがみつくにも多大なストレスを伴うという感じですね。それに会社そのものの存続期間の問題もあります。自分もプログラミングを仕事にしようとしていた時期もありましたが、年齢が行った時のことを想起して結局そちらには進みませんでした。

    自分の今いる会社はほぼそれと対極というか、「辞めません、でも頑張りません」が通る会社です。実際病休で何年も会社に来ていないのに給料貰ってる人もいます。最初のうちはなんて人だろうと思っていたのですが、今は会社にそういう人がいるとホッとします。なるほどあそこまでは許されるのかという安心感を感じることができるという意味で。いえ自分はまだ会社に貢献しているポジションであり、役立つ仕事しているはずなんですけどね。

    会社の方は人件費の削減のために50代から週休4日で給料半分という勤務形態も検討してるみたいですし、今の制度の変化をよく見てリタイアするかどうかを決めようと思っています。40も後半になって会社の荷物になろうとしている自分がこんな不埒な余裕を持てるだけでもいい会社なんでしょう。仕事は全く面白味もやり甲斐も皆無ですが。いざとなったら自分も診断書もらってお金だけはもらおうとかもオプションにあります。独身の自分は誰に見栄を張る必要もないですし(この辺は独身者のメリット?)。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/22(木) 07:42:53 ID:8562887ac

      >アーベルさん
      ホントに私は計画的でなく本能だけで生きてきたというかそういう感じなので先の事は全然考えなかったんですよ。
      アーベルさんの会社にいながらセミリタイア的な勤務形態は非常に羨ましいですね。しっかり働きたい人からすれば恐怖かもしれませんけど、既にある程度の貯蓄があれば、それを選択したいです。
      仕事に面白みもやり甲斐もないというのは、結構辛いですよね。多分今なら割り切ってやろうと思えますが、若い頃だったら続かなかったかもしれません。

  4. 名前:消費しないピノキオ 投稿日:2014/05/23(金) 22:22:34 ID:2bbdf35e6

    私の場合、リタイアを意識してから、もう10年以上が経ちます
    目標を追いかけている間は不思議なことに仕事も充実していました
    そして楽しかったのですが、目標もなくなると
    「何のために」という疑問がアタマを離れません
    多分、同じ業界なので、気持ちはとても良くわかりますよ

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/23(金) 22:54:17 ID:30b212a35

      >消費しないピノキオさん
      10年は長いですね。そういう風に計画的にやれるようになりたいですよ。私は考えたり思いついたりすると、すぐやってみたくなる性格みたいです。まあ最近は少しためておける様になりましたが、リタイアも早すぎです。

      若い頃は、PC関連の知識を得たり、新しいプログラミング言語を学ぶだけでも楽しかったです。それで前の会社も含めて同じ業界でこの歳までやってこられたと思うのですが、年齢のためかPC周り自体に興味がなくなったのか、そういう情熱が薄れてしまった事も大きいです。加えてソフトの設計とか開発に対する会社の方針にも納得いかなくなり… 今はもう辞めて正解だと思います。フルタイムで働かなくても何とかなるさと思ってます。