犬派・猫派によって年収差あり

こんばんは。猫が好きなものです。でも犬だって可愛いのです。

動物好きには興味深いこんな記事がありました。犬派・猫派によって年収差あり。なんだか猫派が分が悪い感じのアンケートですが、理由を想像してみました。

猫派は自由を良しとするから、私みたいに退職する人も多く年収ゼロの人が計算に入ってしまったのでは?とアンケート方法の失敗を懸念します。私だって働いていた頃は犬派の数値より全然年収がありましたからね。(過去の自慢かよ)

それか犬派は上司に犬の様に従順に接したりして、上役の覚えが良く、従って出世し収入が高くなるということかもしれませんね。これは犬派の人に反感を買ってしまうな。逆に猫派が自分勝手で上役に良く思われないとか。ああ、これでは猫派の反感も買ってしまう。もう書くの止めよう。

比較としてどちらも飼っていない人はどうなんだ、ハムスターを飼っている人はどうなんだ等、疑問が湧いてきますね。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『犬派・猫派によって年収差あり』へのコメント

  1. 名前:招き猫の右手 投稿日:2014/05/16(金) 21:22:52 ID:b7fd34a04

    マジですか!!
    自分も圧倒的猫派なので残念です。
    しかしこれからも堂々と猫派として生きていきます。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/16(金) 22:19:19 ID:9eff89dbf

      >招き猫の右手さん
      アンケート数によって信憑性があるのかないのか。
      私も猫派として誇りを持ち続けます。

  2. 名前:Colorless Freedom 投稿日:2014/05/16(金) 22:20:46 ID:ec1a6fd21

    お邪魔してます。ネコ派です! 
    収入だって(今は)犬派の数字よりも多いです! (アリリタしようとしてます・・・)

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/16(金) 22:24:28 ID:9eff89dbf

      >Colorless Freedomさん
      Colorlessって無色->無職?
      もしかしたらアーリーリタイアを考える人の多くは猫派的な思考かもと思ってしまいました。

  3. 名前:アーベル 投稿日:2014/05/17(土) 09:51:10 ID:4fb4263fa

    こんにちは。
    犬猫どちらと言われれば、選択するのは犬かなあ。今は借家住まいなのでそもそも動物は飼えないし、飼っていいとしても一人暮らしで世話が面倒なので飼わないですけど。

    小さいころは実家で犬を飼っていました。でも猫も結構出没するので遊んでいました。でその経験から言うとどうも猫は多少扱いづらいかなと。なつけるのに多少アメダマをしゃぶらせないといけない感じで。最初は近づこうとしても警戒して寄ってきません(野良だから当たり前かな)。多少顔見知りになってから、ピンポン玉や猫じゃらしでで注意を引いて、あとは鰹節とかをやると馴れました。だけどなついた後は過剰にこっちにべたべたしてきたりして、それはかわいいのですがどうも扱いに戸惑うところがありました。

    一方犬は、大概の場合すぐに馴らすことができました。ほとんどの犬は人間とお友達になりたいと考えています。特に吠えてくる場合はこちらに興味をもって様子を窺っているわけで(威力偵察っていうのかな)、こういう犬はすぐになつきます。吠えられても驚いたり、敵意を示したりせずに平静を装って動かず相手と目を合わせます。すると相手は敵ではないと認識します。あとはしゃがんで目線を合わせてゆっくり手を差し伸べて鼻を近づけてくるようだともうしめたもの。その後はお友達になれました。ただし唸っている犬は危ないです。こちらに敵意を向けているわですから不用意に近づくとかまれます。かといってすぐに背中を見せても後ろからかまれます。目線を切らずに少しづつ距離をとるのがいいでしょう。

    遊んでみての印象ですが、犬は一般に義理堅いしけじめがはっきりしてるなと思います。ある犬と仲良くなりましたが、たまたま飼い主がその犬を連れていた時に遭遇したら、飼い主の前では自分に吠えてきたことがあります。飼い主の前では自分は番犬であるという体裁を取りたかったのでしょう。内心苦笑しました。その後自分が飼い主と親しく話すところを見せたら、飼い主と一緒の時会っても吠えなくなしました。
    猫はその点浮気性なのか、飼い主の前でも自分が気に入った人に平気で寄ってきたりしました。その猫だけ特殊なんでしょうか?

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/17(土) 10:43:40 ID:96fdbc970

      >アーベルさん
      私もまあ、引っ越しなどを考えるとまだ実際には飼わないのですが、自分の性格を考えると猫タイプかなと思います。

      アーベルさんのコメントは、私のイメージする犬と猫の性格や特徴をとても表していると思いました。猫派は、そういう猫のつれない所も含めて好きなのだと思います。あと自由気ままに生きているイメージに憧れるとか。

      もちろん犬だって好きですよ。柴の小さいのなんて凄く可愛いです。でもシェパードとか大きい奴はちょっと怖い部分もありますね。子どもの頃に噛まれた事もありますから…。

      最後の段落の犬の律儀で義理堅い所なんてとても犬らしくて微笑ましいエピソードですね。なる程なあ、犬は飼い主の事を考えてそういう態度に出るんだなあと、猫はその時の気分で行動するイメージですもんね。彼らは多分人間なんて意に介さず、自分の好きなように生きているのでしょう。でも野良を手なずけたのもなかなか凄いですね。たまーに逃げない奴がいるんですよね。