聲の形(こえのかたち)全七巻を一気読み

マンガ大賞2015ノミネート、このマンガがすごい!2015オトコ編1位の作品です。

この漫画、高三になった主人公がヒロインを探して会いに行く場面から始まります。そしてすぐに小学校時代の回想へ。

耳の聞こえない女の子(ヒロイン)が転校生としてやって来ます。最初は世話をやいていたクラスの子供達ですが、筆談が面倒になったり合唱で変な声を出されたりで、徐々にヒロインが疎ましくなってしまうのです。

そしてそこから嫌がらせが始まっていじめになってしまいます。担任の提案でヒロインのために手話を覚えると手を上げた別の女子生徒をみんなでハブったりといじめは拡大します。

その嫌がらせの中心人物として主人公の男の子がいます。彼は最終的にヒロインに転校を余儀なくさせてしまいますが、それが原因で一人スケープゴートにされ、中学時代から今度は自分が無視される立場になり、孤立し苦しみます。

高三になった主人公は、ヒロインに酷いことをしてしまった過去を深く悔やんでおり、贖罪の気持ちからヒロインに会いに行きます。彼はヒロインに気持ちを伝えるため手話を覚えていました。そして冒頭の二人が再開する場面に戻り全七巻の中の第一巻はそこで終わります。
 

ろうあの少女は彼女なりに自分を責めていました。自分が原因で小学校時代のクラスがばらばらになったと責任を感じていて、彼女は彼女で自分さえ他人に絡まなければ波風が立たないのにという深い悩みを抱えているのです。

再開した主人公は過去の償い方が分かりません。ヒロインに謝罪してもそれは単なる自己満足であり、彼女のためにならないのではないかと悩みますが、孤立して死さえ考えていた主人公は、体があるうちは命をヒロインのために消耗したいと考えるのです。(漫画の台詞から) 罪悪感や義務感、使命感からかもしれませんが、そこに愛情が入っているように感じるのです。

また主人公とヒロインの再開から、バラバラになっていた小学校時代の友人達とも再び会うようになり、皆であることをスタートさせる…という展開になっていくのです。

 

障害にいじめと非常に重いテーマの作品ですが、ヒロインは子ども時代に酷い仕打ちを受けながらも主人公の男の子に対して優しさを見せていましたし、ヒロインが主人公に好意を持っているので恋愛の要素が絡んできます。それに主人公とその周囲のいじめを見て見ぬふりをしていた子供達が加わり、彼らの心の成長と過去を悔やむ気持ちや自分を正当化するような感情など、葛藤が描かれたような内容になっています。難しいテーマも含みますが、ど真ん中の青春恋愛ストーリーでもありますね。

聴覚に難のあるヒロインの恋愛ストーリーという意味では、常盤貴子と豊川悦司の「愛してると言ってくれ」を思い出しました。ヒロインが美人だったり可愛かったりするのは、こういう話のお約束です。

私は続きが気になって途中で止められず全七巻一気読みしたので、ストーリーとしては面白いと思います。最後ちょっと展開を急いだ感じになっていますがいい話だとは思います。いじめに障害を絡ませたテーマがテーマだけに、何だか色々と難しい話ですけどね。多くの人が障害について考えるきっかけになればいいと思いますし、何度か読んでみようと思います。

とはいえ全く重苦しい話でもなく、コミカルな部分も多いですし(いや、むしろコミカルが半分以上かも)、主人公とヒロインのお母さんの男前っぷりが共に格好いいのが印象に残りますよ。 しかし、青春時代が描かれた漫画を見ると、自分も高校生のような気分に戻って読めるから不思議。

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『聲の形(こえのかたち)全七巻を一気読み』へのコメント

  1. 名前:パルタ7 投稿日:2015/09/29(火) 05:13:51 ID:21fa86fd1

    こんばんは。
    面白そうな本ですね。それでも一気に七巻読みとは凄いですね。感涙ものでしょうか?

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/09/29(火) 07:48:31 ID:b58f61989

      >パルタ7さん
      感涙でもないんですけど、ちょっとそういう場面はありました。
      晩飯食ってから読み始めたら寝る時間になってしまっていました。

  2. 名前:儀助 投稿日:2015/10/04(日) 16:58:56 ID:4523ea55f

    ピアノの森、25で完結と思いこんでました。森のはたと、カイの手の伏線回収は?って思ってたんですが、放置のはずないですよね。

    実は僕も最近、聲の形を読みました。いじめもいじめの対象も経験した僕には痛い話しでした。
    最後に、主人公とヒロインが小学校の同窓会へ出るってところで終わりますが、主人公が救われるには、やはり、かつての同窓との和解が必要なんですかね?それほど、学校とか、学校での友人とか、思い出とか、大事にしなければならないんですかね?そういった学校中心主義?が、いじめられた人が自殺する契機となっている気がするんですが。まあ、Orangeを涙しながら読んでしまう私が言うのもなんですがね(笑)

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/10/04(日) 19:54:59 ID:339860d2a

      >儀助さん
      26巻で完結みたいです。心待ちにしてます。Orangeも次が最終巻とかいってたような気が。こちらは作中の地元の風景が分かるので贔屓目に読んじゃいますよ。

      聲の形の方ですが、大人になれば自分で選択すればいいと思うんです。私は中学時代の同級生はたまに会いますが、高校時代は同窓会とか行きません。高校も楽しくはやってたんですが何となく薄かった気がして。
      学校での事を苦に自殺するような若い年代だと、他の選択肢は浮かばないのでしょうね。会社を辞めて平気じゃない人がいるように、集団に属する事が重要な人が多いのでしょうね。私はそういう枠組みとかはどうでもいいと考える方ですが、どこに属するか属していたかが重要な人も多いのだと思います。
      この前のどこかの図書館のツイートのように、学校なんて行かなくても死にゃあしないよくらいの心構えを持つのも大事だと思います。但しそういうのは真面目で悩んでしまうような人には有効だけど、一般に広く言うと、いい加減な人ばかり増えてしまいそうで加減が難しいのかもしれません。なので性格に合わせた教育が可能ならいいなと思うのですけどね~。

  3. 名前:儀助 投稿日:2015/10/05(月) 19:57:15 ID:59b8f3a3d

    26で完結ですか?楽しみです。今年は奇しくも、ショパンコンクールですね!

    僕は、うつ病になって、すべての人間関係を絶ちきってしまいました。もともと、生きづらさを感じていて、日本社会に馴染めませんでしたね。寂しくはありますが、受け入れています。

    現在は、あまり、権力とか権威とか上司とか強に、対抗したり反発したりそっぽをむいたりするのが、ダサいって評価される時代みたいですよね。

    今の『カッコいい』は、与えられた秩序・ルールの中で、如何にこぎみよく立ち振舞うかが重視されるようです。

    Bライフとかをみてもそう思います。

    そうそう、3月のライオンという漫画、じゅんぺーさんにおすすめです。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/10/05(月) 21:30:58 ID:576fe5edf

      >儀助さん
      ほえ~ショパンコンクールの年なんですか。全然知らなかったです。
      私はうつではないんですが、昔記事にも書きましたけど、辛い時期は電車とかに乗れませんでしたよ。東京で神経が疲れちゃったんだと思います。
      私が若い頃は、頑張ることはダサイという風潮があった気がしますけど、まあ流されないで正しいと思うことをやった方がいいんでしょうね。
      3月のライオンは将棋ものですよね。好きな漫画ですが5巻くらいまで読んでとめております。羽海野チカさんのは「ハチミツとクローバー」は読みましたよ。

  4. 名前:儀助 投稿日:2015/10/06(火) 17:48:36 ID:3b597e332

    ハチクロの人でしたか。知りませんでした。
    楽しみが増えました。

    僕は3度、東京で勤めましたが、退職し、田舎に戻っています。東京には縁がないんですね。

    東京の会社員の目は鋭すぎます(笑)人にもよるんでしょうが、そんなイメージです。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/10/07(水) 00:39:59 ID:1c3351a0a

      >儀助さん
      わたしも少し東京で働きましたが、その時に精神をおかしくしてしまい、それで田舎に戻った次第です。