100年予測(日本とトルコ)

ちょっと前ですが、三菱重工とトルコの企業が合弁会社を設立し、トルコ軍向けの戦車用エンジンだか何だかを開発・生産する計画が報道されました。

2009年の本でかなり前に読んだのですが100年予測という本があります。
この本は、ストラトフォーというアメリカの民間情報機関のCEO、ジョージ・フリードマンという人の著作で、今後100年がどうなるかを予測した本です。

報道された日本とトルコの軍装備開発協力の話を聞いてこの本を思い出したのですが、その内容に日本とトルコが台頭し、アメリカを相手に戦争を行う、という予測があります。

もう少し詳しくすると、近隣諸国との関係を考えると地政学的な観点から日本とトルコは利害が一致し徐々に軍事的にも頭角を現してきます。アメリカは実は今始まったばかりで今後100年間はアメリカの時代が続くらしいのですが、日本、トルコがあまりにも大きくなるのを望まず(アメリカが脅かされるので)締め付けを厳しくします。日本とトルコはそれに対抗し同盟を結んで戦争を起こすという予測です。

最終的には第二次大戦と同様、最も被害の少ないアメリカが最も利益を得るという事なのですが、アメリカが覇権国であり続ける為にどう考えているかが書かれていて興味深いです。それはアメリカの望む事は、日本などの同盟国であっても突出して強大になるのではなく、例えばアジアなら日本や中国、韓国などが絶妙なバランスで均衡を保ち続ける事、それも、それぞれが牽制し合い疲弊してアメリカに対抗できる様な突出した国が現れない事、です。アメリカ以外は生かさず殺さずといった所でしょうか。

この本は他にも様々な、今後100年の間に起こりうるであろう出来事が予測されています。本の予測通りになっていくのかどうかは解りませんが、読み物としてはとても面白く、興味深かったです。(最近この手の本はちらほら見かけますけどね)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『100年予測(日本とトルコ)』へのコメント

  1. 名前:アーベル 投稿日:2013/11/17(日) 13:32:06 ID:589fc6ab0

    こんにちは。
    世界戦略論はアメリカにおいて、中学辺りから国民一人一人が真剣に議論させられる分野ですが日本では、おそらく官僚や政治家しか意識しないように教育されています。しかし、戦前はそうではないんですよね。戦前は日本国民の一人一人が真剣に世界の動向に注目して日本の進むべき進路を考えていたものでした。それはまさしく日本が自立しており、自分を守るのが自分しかいないのだという意識が常識としてあり、自らを守る軍事力の整備を怠らなかったという極めて健全な普通の国のあり方でした。しかし同時に日本人はこの独立自尊のために明治以来極めて重い負担に歯を食いしばって耐えていたという現実がありまました。
    そして、第二次世界大戦、戦後を通じて他国に従属した方が、負担は軽いし心地よいのだということを日本人に徹底的に教育したアメリカという国は偉大です。真に覇権国家といえるでしょう。
    で、今後日本への締め付けがあり得るかというと…。まず日本は現在の状況ではアメリカと戦争しても100%勝ち目はありません。なぜなら食料と石油を自給できないからです。おまけに重武装武器はほぼアメリカ製(部品はかなり日本製ですが)。アメリカも日本もそれがわかっているからアメリカが過度に日本を敵視するという事態は今後30年は想像しがたいです。
    ただ、中国という不透明な要素があります。2050年には中国のGDPがアメリカを超えるという予測があります。GDPで凌駕されてアメリカがなお中国と世界の覇権を争おうという気概を持ち続けることができるのか。これは将来の不確定要素でしょう。もしアメリカが世界の覇権から手を引いたら、日本は中国軍の駐留を認めなければならないとか、ともすると沖縄を中国に割譲しなければならない事態が21世紀のうちにおとずれるかもれません。2050年には中国のGDPは日本の10倍になっています。日本にはアメリカが手を引いても単独で中国と戦うという選択はほぼないでしょう。

  2. 名前:じゅんぺー 投稿日:2013/11/17(日) 17:14:27 ID:589fc6ab0

    > アーベルさん
     この前アメリカ人の子供がテレビ番組で、中国に借金があるけどどうすればいいとの質問に、中国人を皆殺しにしてしまえばいいという回答をして話題になっていました。
     戦前は解りませんが、戦後の日本人はこの様な議論をしてこなかったし、平和ぼけになる様にアメリカに教育されたのでしょうね。私も頭をお花畑にされた一人です。2次大戦でアメリカ人は実は日本人をとても恐れたのだと思います。日本の人口が減って自然に衰退して行くのをしめしめと眺めているのかもしれません。
     あの本では中国は資本主義に分裂させられて力を持たない様な事になってました。アメリカ人の書いた本なので希望が入っていると思いますが、実際どのような世界になっていくのか考えたり議論するのは面白い事です。
     アーベルさんは色々な分野を勉強されているのですね。私にはこういった知識が殆どないので、この本の様な考え方が新鮮だったのです。

  3. 名前:アーベル 投稿日:2013/11/17(日) 23:27:25 ID:589fc6ab0

    こんにちは。
    本文に締め付けをを厳しくするという部分があります。自分がここ20年を振り返って思うんですが、日本は90年代半ばから徐々に自ら己の首を絞め続けています。それは具体的に何かというと政府や財務省が音頭を取っている財政再建キャンペーンです。
    日本の財政が破綻することなど全くあり得ないことですし、それは今も変わりません。その証拠は20年間の異様な低金利です。詳しい国債の仕組はここで言いませんが、財政破綻する国の国債の金利は必ず高騰(ギリシアとかスペイン)します。日本はそれと対極の状態にあるのに官僚組織は財政再建を言い続け、財政支出を絞り続けました。お金というものは回ってこそより多くの人の所得になります。それを国は意図的に抑制し続けました。ゆえに日本人の年収は伸びなくなりました。
    その結果日本はどういう国になったか。日本人の一人辺りの年平均所得は97年に415万だったものが2013年には379万になりました。日本人は金額上貧しくなったことになります。所得が縮小することは需要の縮小です。会社は生き延びるために終身雇用を捨て、40代、50代の社員がリストラされるとなど今や常識となりました。日本人はかなりの痛みを負わされたということです。
    私はひと頃なぜ日本の官僚組織が日本人を苦しめる政策をとり続けるのかよくわかりませんでした。でも今は、その理由は第二次大戦の敗戦、そしてもう二度とアメリカの標的されたくないという恐怖の記憶が理由なのではないかと思っています。
    90年代前半ソ連が崩壊して以後アメリカは日本を目の敵にする政策を徐々にとり始めます。それはソ連がなくなった後アメリカに迫りくる大国は日本じゃないかとアメリカが気がついたからでしょう。当時は日本はジャパンアズNo1に浮かれていました。同時にアメリカでは結構な日本叩きが頻発していました。中国はアメリカと組んで日本を挟撃しようという戦略を着々と進めていました。これは第二次世界大戦の構図と似ていると官僚は思ったのではないでしょうか。当時日本は、軍事的膨張がアメリカとの軋轢を激化させるという現実に対応する方途として膨張の抑制を拒否してアメリカとの戦争に踏み込みました。
    官僚組織はそれを回避するため日本の成長を抑制する必要があると感じたということです。でもどうやってそれをやるのか。このままではアメリカの的にされるから皆さん痛みを我慢してください、とはとても言えないですよね。そこで持ち出してきた理由が財政再建です。財政再建、つまり政府支出を抑えれば日本の成長は止まります。これによって、我が国はアメリカ様の脅威になる国ではありませんよ、と身をもって示したということでしょう。今現在アメリカで日本脅威論は全く聞かれなくなりました。ジャパンナッシングという言葉はできましたが。
    戦後経済規模の拡大を目指しアメリカに追いつこうという日本の国策は90年代において完全に転換されました。日本が21世紀に選んだ道は、アメリカというジャイアンに実力で迫るのは危険であるから、一定の力を保持しつつジャイアンにぴったり寄り添うスネ夫の道を選んだといえるでしょう。そして、ジャイアンと張り合うのは中国というのび太に任せ、のび太がドラえもん(中国にドラえもんがついているかは知りません)の力を借りていい目を見ようとしたらすかさずジャイアンに、のび太がこんな楽しいこと(沖縄を自分のものにしようと)してるよ黙ってていいの、とご注進する立場を確保しようとしていると自分は見ています。情けない感じがしますが、アメリカは日本にとってドラえもんにはなってくれません。
    なお、一人あたりのGDPですが、名目GDPではなくデフレを考慮した実質GDPの推移をみれば、また違った様相もあります。なお、ここに書いていることは本に載っていたことではなく自分の経験と知識から組み立てた意見にすぎませんので、軽く楽しむ感じで受け取ってくださいね。

  4. 名前:じゅんぺー 投稿日:2013/11/18(月) 09:47:35 ID:589fc6ab0

    > アーベルさん
    なるほど、日本は自らアメリカの標的にならない様に、彼らと張り合う様な大国になる道をとらず、彼らに寄り添う道を選択したという考えですね。自然衰退なのではなく、そういう国策というか世界での立ち位置を深慮している人の政策だとしたら寧ろ救われる気がします。日本がアメリカの怖さを思い知った結果、対抗することは避けたいと考えるのが必然なのかもしれませんね。
    日本は破綻などしないという本は数冊読んだことがあります。世界一の債権国ですから日本が破綻するなら余所の国もとっくに破綻していると。ただ債権国という事は、日本が潰れて借金がちゃらになって欲しいと思っている国も多いという事で…その辺りは恐いです。
    それにコメントありがとうございます。もっと色々と話し合える知識が私にあればいいのですが…
    自分が思いつかない考え方を知る事が出来るので勉強になるし楽しんで読ませてもらってます。