結婚相手にはどういう人がいいんだろ

自分が思うに、結婚相手にいいのは、詰まるところ同級生なんじゃなかろうか、と思います。

大人になってから利害関係の無い友人を作るのが難しいのと同様で、大人になってから、特に結婚対象として見た時、打算的な考えでない異性と出会うのはなかなか困難な気がします。純粋に愛情のみで受け入れてくれる人は、イケメン&美女でない普通の人にはそうそう出て来てくれません。

しかし同級生なら、若い頃に同じ時間や思い出を共有しているし、気心も知れています。そういう時に好意を持っていた相手というのは重要ではないでしょうか。世代や流行が同じなので話も合うし、恋人が古い友人を兼ねているので楽しそうです。

同窓会で久しぶりに会っても話は進みますよね。やはり見た目の変化はあれど、根本は変わらないと思いますし、相手のことがある程度分かっている、素性が知れているというのは大きいです。

それに年をとって見た目がくたびれてきても、同級生なら若い頃の相手を知っているので補正がかかり、あの頃あいつ可愛かったなあとか格好良かったわとか、愛情がよみがえって来ます。高齢で知り合って結婚すると(写真は見られても)やはりもう年齢なりの見た目のイメージしかないので、それがありませんね。ここ完全に見た目だけの話で申し訳ないですが、愛情を持続させる上で視覚的な記憶は大事なのです。

自分の場合、収入がある程度あったので二度も結婚できたのでしょう。結婚観が極端なのだと思いますが、男性の結婚するメリットが薄れた今、結婚相手に求めていたのは打算のない愛情のみです。なので仕事とか年収とか関係なく付き合えた頃の同級生って、実はとても貴重だったんだよねって今更に思ったんです。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村