ホテルのトイレ

ホテルのトイレで便座に座ると水がじょんじょろりんと流れるものがあります。あれ、便座の左側がスイッチになっているらしく、お尻の左側を上げて降ろすとまた水が流れるんですよ。

何でそんなこと言うかというと、自分が左利きだからです。お尻の左側を上げる度にじょろりんと流れて水が勿体ない感じがします。右手でお尻を拭く人は思いもしないことでしょう。でも左利きにはこういう事が多々あるんです。

使いにくい物の代表としては急須です。左手だと外側にひねらないといけないので、これに関しては自分は右手で注ぎます。はさみは右用で慣れているので大丈夫です。駅の自動改札は左手だとクロスになるし右手だと不安定だしでやりにくいですね。

でも一番イラッと来るのはファミレスのレードル(涙型のお玉)です。あれは廃止していただきたい。長いので右手ではとてもやりにくく、かといって左では全くスープなど注げない、デザインした人を左利きの国に連れて行って同じ目に遭わせたいです。

まあ左利きのことを書くと幾らでもありますが、またそのうちに。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ